子供心理学・チャイルド心理資格人気資格比較

子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング

家庭の形態が多様化している昨今、子どもたちの抱える悩みや問題も多様化しています。
核家族で夫婦共働きが多く、子供を常に見守る立場の人がいない家庭も少なくなくありません。その分、親の代わりに子供を見守る仕事へのニーズは高まっています。
子供は悩みを解決する力がまだまだ弱く、子供たちの成長のためには大人の支えや援助が必要です。この記事では、子どもたちの悩みに寄り添い、子供たちの力になって、子供たちが立派に成長するお手伝いをしたいという方のために、いろんな子供の心理資格に関する資格をまとめてみました。人気順に紹介していますので、子供と関わる仕事を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

★子供心理カウンセラー

子供心理カウンセラーとは、子供の心理に関わる知識を備え,家族や社会との関わりの中で起こる子供たちの心の問題に寄り添い、アドバイスし、カウンセリングを行うことで子供たちをより良い方向へと導く技術を持つ人たちのことです。
彼らの対象とする子供たちは、親の離婚や死など家庭環境による問題を抱えていることもありますし、学習障害、注意欠陥障害、自閉症、強迫性障害、恐怖症から重度の精神疾患まで、さまざまな発達上の問題を抱えている子供たちを含むこともあります。
子供心理カウンセラーとしての資格取得後は、カルチャースクールや親子教室などで講師として話をしたり、教育現場での相談員などとして活躍する機会に恵まれるだけでなく、自身の子育てにもノウハウを生かすことができます。
【子供心理カウンセラーの資格を取るためには】
子供心理カウンセラーの資格を取得するためには、日本インストラクター技術協会が主催する試験に合格する必要があります。試験は在宅で期限までに回答をオンラインで提出します。試験料は10000円。試験対策として通信講座で子供心理インストラクター資格取得講座を受けるのが合格への早道です。

チャイルド心理カウンセラー

チャイルド心理カウンセラーとは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催する資格を有した人のことです。
チャイルド心理カウンセラーは、子供の心理や心の発達について高度な知識を持ち、子供たちの悩みや相談に適切なカウンセリングを行う技術を持っています。
この資格を取得すれば、子供たちの相談相手として働いたり、教育機関等での講義に講師として子供を持つ親たちを啓蒙したりすることができます。
【チャイルド心理カウンセラーの資格を取るためには】
日本メディカル心理セラピー協会が主催する試験に合格する必要があります。試験は在宅で、試験料は10000円です。子供心理カウンセラー資格取得講座は、この資格にも対応しています。

チャイルドカウンセラー

チャイルドカウンセラーとは、問題を抱えた親子を支援する人たち、医療・福祉・教育現場で活躍する児童心理の専門家のことです。一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が認定している資格を取得すれば、ベビーシッター、スクールカウンセラー、子供相談室のアドバイザーなど児童心理、保育関連の分野で活躍できる機会を増やすことができます。オンラインでのカウンセリングも可能なため、仕事の形態が多様です。
【チャイルドカウンセラーの資格を取るためには】
一般財団法人「日本能力開発推進協会(JADP)が主催する「チャイルドカウンセラー」の講座(4か月、受講費用43000円)を受講すると、カウンセラーの仕事内容や、子供たちとの関わり方を学ぶことができます。この講座を修了すると、検定試験を受ける資格が得られます。この検定試験(受験料5600円)に合格する必要があります。

チャイルドマインダー

チャイルドマインダーとは、少人数制保育を行う専門家のことです。保育園や幼稚園が集団を対象に保育を行うのに対し、関わる子供たちの数が圧倒的に少ないのが特徴です。子どもたち一人ひとりと向き合い、子供たちの「個」を尊重しながら、子供たちの成長を見守り、自立へと導いていきます。
チャイルドマインダーの資格を取得すると、保育に関する仕事で活躍の場が広がります。ニーズに応じて保育を目的とする団体に所属することもできますし、一方、個人で両親が共働きで子供が幼稚園や学校から帰ってきてもいっしょにいてやれない家庭のお子さんを看たり、自分の家を開放して保育スペースを作って、子供たちを集めることもできます。
また、特に就職をせずに、自分自身の育児に知識やノウハウを生かしたり、すでに保育に関わる仕事をしている人たちがスキルアップとして資格を取ることもできます。
チャイルドマインダーの資格取得に興味のある方は、チャイルドマインダーキャリアセンターに資料を請求してみてください。

児童心理司

児童心理司(じどうしんりし)とは、児童相談所で働く子供の心理の児童判定員のことです。教育現場や福祉司などの専門家たちと連携を取りつつ、専門知識をもって、子供や保護者を援助します。具体的には、虐待や放任などの問題を抱えた家庭で育った子供たちに手を差し伸べ、保護者たちにもカウンセリングを行うことで、家庭が少しでも正常に機能できるよう手助けを行います。
【児童心理司になるためには】
比較内の他の民間の資格と異なる点は、児童心理司は公務員だということです。つまり、児童心理司になるあめには、各自治体が主催する、地方公務員試験(上級1種)に合格しなければなりません。試験の難易度は高く、難関であることが予想されます。さらに、地方公務員試験を受けるためには、次の条件を満たしている必要があります。
① 国が認定した大学および専門学校を卒業した者
② 国が認定した講習会を終了した者
③ 大学で心理学、教育学、社会学などを専門とする学科を修めた者
④ 社会福祉主事任用資格を有する者
試験の詳細を知りたい方は、地方公務員試験を参照ください。

育児セラピスト

子育ては、満足と充実をもたらします。しかし、それはまた困難で時間がかかる作業でもあります。親が子供たちに生きるスキルを身に着けさせる手助けをし、精神的な面でサポートし、カウンセリングを行うのが育児セラピストです。
何が子どもにとって最善の教育なのか自信のない親や、親になったばかりで育児の情報やアドバイスに圧倒されて方向性を失った親に助言を与えます。
【育児セラピストになるためには】
育児セラピストになるためには、一般財団法人の日本アタッチメント協会の主催する講座を受講し、講座の最後にある認定試験に合格する必要があります。講座受講料は40000円~90000円(級によって異なる)、認定試験料が10000円~20000円です。
詳しく知りたい方は、日本アタッチメント協会に資料を請求してください。

以上、子供の心理に関わる資格、仕事について紹介してきましたが、どの資格にも共通して必要なのは、子供の心理に関する知識、コミュニケーション能力、観察力、問題を分析する力、忍耐力、共感力、そして何より大事なのが、子どもたちと関わって、子供たちに寄り添い、子供たちの役に立ちたいというモチベーションと熱意です。
資格を取得して、知識や技術を身に着け、子供たちと関わる仕事をやりがいのあることだと感じることができるよう、ぜひここで一度真剣に検討してみてください。
子供心理学子供心理学

関連記事

資格ランキング

  1. pop

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう!

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう! POPライター…
  2. デッサン

    デッサン資格口コミ比較

    デッサンとは、主に鉛筆やコンテ、木炭などを使って、黒一色の濃淡のみで対象物を描いた絵を言います。デッ…
  3. 食育

    管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

    ビタミンなど、健康的な体を維持する為に欠かせない栄養について、正しい知識を持った人物として認めてもら…
  4. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶のことをきちんと理解している人が認定されるのが、日本茶セレクターの資格です。日本茶セレクター認…
  5. shikaku

    プチ稼ぎできる資格口コミ比較

    「主婦なので大きな収入は望まないけど、自由に使えるお小遣い程度を稼げる仕事ができたら……」そう思って…
ページ上部へ戻る