手紙ライター口コミ評判

手紙の書き方

手紙ライター認定試験とは

手紙ライター認定試験とは日本インストラクター技術協会(JIA)が試験と認定を行っている資格です。

日本インストラクター技術協会では人に教える力や技術に主眼を置き、技術者として備える必要のある能力を一定の基準を設け、その基準を満たす方に資格を認定しています。

企業やカルチャーセンターなどで人員を採用する際に役立つよう客観的な評価の目途となる資格を示すことと、有資格者に対し技術力が一定の基準以上を満たしていることを明確にし地位の確立することも目的としています。

手紙ライターとは

最後に手紙を書いたのはいつですか?

メールやSNSの普及に伴い手紙を書く機会はどんどん減ってきていると思います。

年賀状や暑中見舞いも印刷ですみますし、枚数も減ってきているでしょう。

それでもお礼状やお世話になった方に手紙を書く時もありますよね。

手紙ではありませんが、就職活動のエントリーシートを記入する時もきちんとした文章で書けないと困ります。

手紙の書き方にルールがあることは知っていますか?

拝啓で始めたら敬具で終わらせるなどです。

四季のある日本では季節ごとの挨拶もあります。

日常的に使うわけではありませんが、知っていたいことですよね。

そしてせっかく手紙を書くのであれば、送る相手の方へ気持ちの伝わり、失礼のない文章で書きたいと思いませんか。

日常的に使わないからこそ、手紙の書き方や文章の構成を身に着ける努力をしないと、いざという時に困ってしまうことになります。

手紙ライターは手紙を使い挨拶を交わす習慣は薄れつつある時代だからこそ相手に親しみやお礼の気持ちの伝わる手紙を書く事ができ、文章の構成から手紙を書く際に必要な常識や知識を理解し、またレベルの高い文章力を一定の水準以上に身についていると認められた方が認定されます。

手紙ライター認定試験

受験資格は特にありません。

試験の申込は日本インストラクター技術協会のサイトから行えます。

申し込み後に日本インストラクター技術協会から受験票・問題用紙・解答用紙が送られてきます。

受験票などを受け取る際に受験料を代引きで支払います。

受験料は一万円(消費税込み)です。

試験は在宅で行えます。

解答用紙は試験期間中に返送します。

試験期間は二か月に一度です。

合否の判定は約一か月でわかります。

合格の基準は解答の70%以上を評価された時に試験合格となります。

手紙ライター口コミ評判

・会社を退職する際、お世話になった方に手紙を書いたのですが、失礼があってはいけないと一通の手紙を書くだけで大変でした。それをきっかけにして勉強し資格を取りました。

・取引先にメールするときにうまく文章がかけなくて、文章作成の力をつけたくて資格を取りました。手紙の書き方も勉強できて一石二鳥です。

・就職活動中は文章を書く機会も多いと聞いていたので、就職活動前に勉強して資格をとしました。

・ビジネスレターを書く機会があり、手紙の書き方を知らないと仕事に差し障りが出ると思い、勉強して資格を取りました。

多くの方がお仕事に活かすために手紙ライターの資格を目指したようです。

仕事のスキルアップを考えている方には適した資格だと思います。
手紙の書き方手紙の書き方

関連記事

資格ランキング

  1. 食育

    管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

    ビタミンなど、健康的な体を維持する為に欠かせない栄養について、正しい知識を持った人物として認めてもら…
  2. cad

    CAD資格口コミ比較

    建築関連のお仕事に欠かせない存在のCAD。現在はCADと一口に言ってもさまざまな種類があり、建物、設…
  3. カラーセラピー

    カラーセラピー資格口コミ比較

    「カラーセラピー」って言葉、ご存知でしょうか。聞き慣れないという方も多いかもしれませんね。カラーセラ…
  4. shikaku

    人気資格口コミ比較

    さまざまな分野での専門知識やスキルの証明となる「資格」。自分のステータスとしても、何か1つくらいは持…
  5. 空間デザイン

    空間をデザインする空間デザイナーとは

    空間をデザインする空間デザイナーとはどんな資格なのか 独自の世界観を持って…
ページ上部へ戻る