ビジネスマネジメント資格人気資格比較

ビジネスマネジメント

ビジネスマネジメントとは、ビジネスの基幹となる「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の4つを管理して、経営の生産性を高め、成長を実現する手法です。マネジメント(management)は「管理」と訳されています。経営上で管理というのは、単に管理だけでなく評価・分析、選択、統合、計画、調整、統制、組織化、さらにははやりの「リスクを取る(take risks)」まで、広範な要素を総合した概念ということになります。

そのロジカルシンキング(論地的思考法)を支えるのが、人間関係を良好に保つメンタル心理、「ウィン・ウイン(win-win)」(「自分も勝って、相手にも勝たせる」こと。取引上では双方に利益(メリット)がある状態や関係の構築)ができる心構えでしょう。「win-lose」「lose-win」「lose-lose」では、企業の経営は成り立ちません。

と言うことで、ビジネスマネジメントのスキルを身に付けることは、企業で働く人に欠かせません。そういう人のためにあるのが「ビジネスマネジメント資格」です。資格はいろいろあります。その特徴を知って、どの資格が自分に向いているか判断して、認定試験を受けてみましょう。

比較★「ビジネスマネジメント認定試験」資格

日本生活環境支援協会(JLESA)が認定する資格です。社会人として知っておきたいwin-winの関係や自立するための心理トレーニング方法、人間関係を良好に保つ方法など、さまざまなメンタル心理トレーニング法を十分に理解している人が認定されます。在宅で気軽に受験できるのがお薦めの人気ナンバーワン資格です。資格取得後は社内で新人教育やアドバイザーとして働くこともできまが、身に付けておけばさまざまな機会に、キラッと光る能力が認められるでしょう。

受験資格は特に制限はありません。受験料は1万円、インターネットで申し込み、在宅受験できます。合格基準は70%以上。試験は年6回。

日本生活環境支援協会
https://www.nihonsupport.org/
認定試験
https://www.nihonsupport.org/shiken/mentalcaremanagement/

比較「ストレスカウンセラー」資格

日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が認定する資格。感情と上手に付き合う方法や怒りを抑えるなど、心理トレーニングを活用したストレス対処法、現代社会におけるストレスやその原因に対処できるストレスマネジメント能力などの知識を十分に備えた人が認定されます。対人関係やコミュニケーションの取り方、ストレスとの付き合い方に悩む人など幅広い層に人気のある資格です。

受験資格は特に制限はありません。受験料は1万円、インターネットで申し込み、在宅受験できます。合格基準は70%以上。試験は年6回。

日本メディカル心理セラピー協会

日本アロマメディカル心理セラピー協会


認定試験

ストレス資格のストレスケアマネージメント

比較「ロジカルシンキングマスター」資格

日本生活環境支援協会(JLESA)が認定するも1つの資格。論理的に思考を組み立てるための基礎知識である帰納法・演繹法から理論展開の方法、「漏れがなく、ダブりもない」という意味のMECE(Mutually Exclusive、Collectively Exhaustive)、優先順位を立てるためのマトリックスなどの有効的な手段を状況に応じて使い分け、より効率的に理論を構築できる能力を備えたことを証明する資格です。

ビジネスシーンだけでなく、多角的な考え方を身に付けたい人、より論理的な思考力を身に付けたい人にお薦めの資格です。ロジカルシンキングができることによって、物事の理解が高まることによって仕事の能率向上やコミュニケーション能力アップが期待できます。

受験資格は特に制限はありません。受験料は1万円、インターネットで申し込み、在宅受験できます。合格基準は70%以上。試験は年6回。

日本生活環境支援協会
https://www.nihonsupport.org/
認定試験
https://www.nihonsupport.org/shiken/logicalthinking

比較「論理的思考士」資格

日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する資格。問題解決のために必要な多角的な視点やロジカルシンキングができて、実行に移せる思考力を持っているだけにとどまらず、さまざまなシーンで的確な思考構築の手法を選び、ロジカルな視点からアドバイスできる能力があることを認定します。資格取得後はインストラクターとして、カルチャースクールなどの講師として活躍したり、職場の人材育成や後輩指導などにも期待できる資格です。

受験資格は特に制限はありません。受験料は1万円、インターネットで申し込み、在宅受験できます。合格基準は70%以上。試験は年6回。

日本インストラクター技術協会
https://www.jpinstructor.org/
資格試験
https://www.jpinstructor.org/shikaku/ronritekishikou/

比較「ビジネスマネジャー検定」資格

東京商工会議所が認定する資格。起業の管理職とその候補者が身に付けておくべきマネジメントの知識を体系的に学ぶための検定です。マネジャーのミッションを「チームとして成果を出すこと」と定義し、そのミッションを果たすために必要な知識を付けていることを認定する資格です。

マネジャーは、チームのモチべーションを高め、人材を育成するなど、重要な役割を担います。そのための知識や技能が求められます。あらゆる視点から問題を解決し、リスクマネジメントを図り、人材と組織を統轄、統合するスキルが求められます。

検定試験料は6480円。公式テキストは東京商工会議所編の「ビジネスマネジャー検定試験公式テキスト ~管理職のための基礎知識~」(2016年12月ごろ改訂予定)。

東京商工会議所
http://event.tokyo-cci.or.jp/
ビジネスマネジメント検定
http://www.kentei.org/bijimane/

比較「PMP資格」

社団法人PMI日本支部が認定する資格です。米国のプロジェクトマネジメント協会(PMI、Project Management Institute)が認定するプロジェクトマネジメント国際資格です。PMP(登録商標)試験は、PMI が策定した知識体系である PMBOK (登録商標、Project Management Body of Knowledge) ガイドに基づいて実施され、受験者のプロジェクトマネジメントに関する経験、教育、知識を測り、プロフェッショナルとしての確認を目的として実施される資格です。

PMP資格は、プロジェクトマネジメントに関する資格のデファクト・スタンダードとして広く認知されており、プロジェクトマネジメント・スキルの評価基準として、IT・建設をはじめとする多くの業界から注目されています。

米国資格ですが、日本語での受験ができます。3年以上のPM(プロジェクトマネジャー)経験者で、35時間のPM講座受講者が受験できます。費用は555ドル。

PMI日本支部
https://www.pmi-japan.org/
PMP資格試験
ビジネスマネジメントビジネスマネジメント

関連記事

資格ランキング

  1. デッサン

    デッサンを極めたい人も上手になりたい人にも鉛筆デッサンマスターの資格

    デッサンを極めたい人も上手になりたい人にも鉛筆デッサンマスターの資格 絵が…
  2. cad

    CAD資格口コミ比較

    建築関連のお仕事に欠かせない存在のCAD。現在はCADと一口に言ってもさまざまな種類があり、建物、設…
  3. 食育

    管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

    ビタミンなど、健康的な体を維持する為に欠かせない栄養について、正しい知識を持った人物として認めてもら…
  4. 空間デザイン

    空間デザイン資格口コミ比較

    「空間デザイン」という言葉をご存じでしょうか?あまりなじみのない方が多いかもしれませんね。 空間デ…
  5. インテリアデザイナー

    インテリア資格口コミ比較

    インテリアとは「室内装飾」という意味ですが、現在は言葉通りの部屋の装飾(壁、カーテンなど)だけにとど…
ページ上部へ戻る