ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判

ワインソムリエ

ワインコンシェルジュとは?

ワインの資格というと、素人には敷居が高いように思われがちですが、ワインの資格と言うのは、ソムリエを目指す本格的なプロのための資格だけではありません。ワインコンシェルジュは、ワインを楽しく、美味しく楽しむための知識がある人の事を指します。そのため、受験資格は特になく、ワイン好きの人が気軽に挑戦できるのがワインコンシェルジュのいいところです。

ワインコンシェルジュ認定試験とは?

ワインコンシェルジュの資格は、日本安全食料料理協会が主催しています。日本安全食料料理協会は様々な食品・料理に関しての資格試験を行っているので、ワインコンシェルジュ認定試験も、飲食業界やレストランなどで大いに役に立つ資格と言えます。ワインコンシェルジュ認定試験では、世界各国のワイン事情やワインの歴史といったワインの基礎知識をはじめ、ブドウの品種ごとのワインの特徴や、ワインの格付などの細かい知識が求められます。もちろん、ワインのサーブの仕方や、ワインの選び方といった、ワインを楽しむための技術も必要です。ワインコンシェルジュ認定試験に合格する事で、ワインに関するさまざまな仕事に活かすことができるようになります。ソムリエの資格がなくても、ワインコンシェルジュの資格があれば、あらゆる場面でワインのプロとして活躍することができるでしょう。

ワインコンシェルジュ認定試験を受験した人の口コミと評判

いずれソムリエを目指していることもあり、その第一歩としてワインコンシェルジュを受験しました。この資格は、ワインを扱う仕事をするうえでとても有利です。ワインの知識が深まり、自分がプライベートでワインを楽しむときにも非常に役に立ちます。

趣味でワインを楽しんでいましたが、せっかくなのでワインに関連した資格を取りたいと思ってワインコンシェルジュに挑戦しました。ワインに詳しくなったことで、話のネタが増え、接待などにも役立ったのは意外でした。思わぬところでビジネスに役立つので、試験内容も簡単なので取っておく価値のある資格だと思います。

ワインが大好きなので、ワインをもっと極めるために受験を決意しました。この資格を取るために勉強したことで、ワインの知識が深まり、ワインの世界の奥深さを知る事ができました。

ワインコンシェルジュ認定試験の受験について

ワインコンシェルジュ認定試験を受験するためには、インターネットでの申し込みが必要です。日本安全食料料理協会のサイトから申し込みができます。ワインコンシェルジュ認定試験の受験料は10,000円です。ワインコンシェルジュの試験は、在宅での受験となります。

ワインコンシェルジュ認定試験の難易度

ワインコンシェルジュ認定試験は、70%以上の正答率で合格する事ができます。ワインの基本的な知識が中心の試験ですので、合格率は意外と高く、初回の受験で合格を手にする人も多いようです。世界各国のワイン事情など、ワインに対する基本的な情報に関する出題があります。ソムリエの資格を取るための第一歩ともなる資格ですので、初心者からプロまで幅広い受験者がいます。ワインコンシェルジュの資格は、ワインを楽しむ全ての人にとって有意義な資格です。ワインに興味がある人は、取っておいて損はないでしょう。
ワインソムリエ通信教育ワインソムリエ通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. メンタル心理

    テレビでもよく目にする「心理カウンセラー」の資格とは

    テレビでもよく目にする「心理カウンセラー」の資格とは 昔からテレビでも頻繁…
  2. 空間デザイン

    空間をデザインする空間デザイナーとは

    空間をデザインする空間デザイナーとはどんな資格なのか 独自の世界観を持って…
  3. shikaku

    人気資格口コミ比較

    さまざまな分野での専門知識やスキルの証明となる「資格」。自分のステータスとしても、何か1つくらいは持…
  4. カラーセラピー

    カラーセラピー資格口コミ比較

    「カラーセラピー」って言葉、ご存知でしょうか。聞き慣れないという方も多いかもしれませんね。カラーセラ…
  5. インテリアデザイナー

    インテリア資格口コミ比較

    インテリアとは「室内装飾」という意味ですが、現在は言葉通りの部屋の装飾(壁、カーテンなど)だけにとど…
ページ上部へ戻る