カフェオーナー経営士認定試験口コミ評判

カフェオーナー

カフェオーナー経営士とは?

独立して自分のカフェを持つのが将来の夢と言う方も多いと思いますが、そのために何か資格があると、目標達成する指針になりますよね。カフェオーナー経営士は、カフェ経営のスペシャリストとしての資格です。カフェを経営するには、ただコーヒーが好き、コーヒーに詳しいといっただけでは上手くいきません。上手くカフェを経営して、売れるカフェを作るための知識が必要です。カフェオーナー経営士は、売れるカフェをつくるため、どの様な立地にオープンするのかなどの土地探しのリサーチをはじめ、カフェのインテリアやメニューのデザイン、運転資金や毎日の運営費など、カフェ経営に関わる全ての知識を持っていなくてはいけません。カフェオーナー経営士になれば、カフェオーナーとして独立できるスキルを手に入れられます。

カフェオーナー経営士認定試験とは?

カフェオーナー経営士認定試験は、日本安全食料料理協会が実施する資格試験です。以前はカフェマイスターという資格名でしたが、最近カフェオーナー経営士に名称が変更されました。カフェマイスターとカフェオーナー経営士の違いは名称のみで、難易度や試験の範囲などは変わりありません。カフェオーナー経営士認定試験は、カフェのオーナーとして独立し、自分のお店を持とうと思っている人にぴったりの資格です。マーケティングの基礎や戦略、開業や運営に関する知識、売れるカフェのインテリアの内装といった、カフェ経営に欠かせない要素が評価されます。

カフェオーナー経営士認定試験を受験した人の口コミと評判

昔カフェのバイトをしていた経験があり、将来は自分のカフェを持ちたいと考えていました。その目標のための第一歩としてカフェオーナー経営士認定試験を受験しました。自分が思っていたよりずっとカフェ経営に関する勉強になったので、この資格を取ってよかったと思います。

以前コーヒーを扱う職場にいたため、カフェオーナー経営士認定試験を受けました。おいしいコーヒーのアドバイスだけでなく、店舗経営などに役立つ知識も身に付き、コーヒー業界以外でも応用のきく資格です。将来的に独立も視野に入れているので、カフェオーナー経営士の資格は非常に大きな武器になります。

カフェオーナー経営士認定試験の受験について

カフェオーナー経営士認定試験を受験するためには、日本安全食料料理協会のサイトからインターネットで申し込みが必要です。試験は在宅で行うため、申し込みが完了すると、試験問題と解答用紙が届きます。受験料は代金引換となっており、試験問題と解答用紙が送られてきた際に受験料の10,000円を支払います。

カフェオーナー経営士認定試験の難易度

カフェオーナー経営士認定試験は、カフェオーナーとして独立し、安定して経営していくための知識と、カフェ経営に役立つ、実務で活用できる技能を有している事が評価の対象になります。カフェオーナー経営士認定試験の合格率は、70%以上の正答率が求められます。店舗の経営についての深い知識が求められるため広い知識が必要です。通信講座での勉強や、試験対策の参考書を買って勉強するのがおすすめです。
コーヒー通信教育コーヒー通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. 紅茶

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう 普段から紅…
  2. shikaku

    使える資格口コミ比較

    せっかく授業料を払って一生懸命勉強して資格を取得しても、それを生かす場がなければ「宝の持ち腐れ」にな…
  3. カラーセラピー

    色彩の力で人の心を癒せるようになれる!お勧めの資格

    色彩の力で人の心を癒せるようになれる!お勧めの資格 現代社会に必要不可欠な…
  4. 食育

    管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

    ビタミンなど、健康的な体を維持する為に欠かせない栄養について、正しい知識を持った人物として認めてもら…
  5. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶のことをきちんと理解している人が認定されるのが、日本茶セレクターの資格です。日本茶セレクター認…
ページ上部へ戻る