ビーズアーティスト試験

ビーズアクセサリー

ビーズアーティストとは?

ビーズアーティストとは、ビーズでアクセサリーをつくる技術を持ち、その技術を人に教える事ができる人のことです。ビーズアーティストは、ビーズアクセサリーのデザインセンスや、制作技術が問われます。最近、ハンドメイドでアクセサリーを作るのが大変人気ですが、その中でもビーズアクセサリーは非常に需要が高まっています。もしもビーズアクセサリーを作ったり、教えたりすることができる技術があれば、積極的にビーズアーティストの資格を取得するべきでしょう。ビーズアーティストの資格は、ずっと大きな味方になり、趣味を越えて役立つに違いありません。

ビーズアーティスト認定試験とは?

ビーズアーティスト認定試験は、日本インストラクター技術協会が立ち上げた資格です。ビーズアクセサリーの製作技術を人に教え、自らもビーズアクセサリーの知識と技術を持っている人に与えられます。まさに、ビーズアーティストはビーズアクセサリーのプロフェッショナルといえるでしょう。

ハンドメイドクラフト業界が盛り上がっている今、ビーズアーティストの資格があれば、カルチャーセンターでの講師や、自分で教室を開くなど、様々な選択肢があります。

ビーズアーティスト認定試験を受験した人の口コミと評判

ずっと趣味でビーズアクセサリーを作っていましたが、この技術を更に高めて役立てることができないかと思い、ビーズアーティスト認定試験を受験しました。自分の知識も深まり、作品に役立てることができたのでとてもよかったです。

これまで独学でずっとビーズアクセサリーを作成して販売なども行っていましたが、よりクオリティの高いビーズアクセサリーを作りたくてビーズアーティストの資格を取りました。人にビーズアクセサリーの作り方を教える時も、ビーズアーティストの資格を持っているという自身を持って教えられるようになりました。

ビーズアーティスト認定試験の受験について

ビーズアーティスト認定試験を受験するためには、日本インストラクター技術協会のサイトからインターネットで申し込みます。インターネットからの申し込みが完了すると、試験問題と解答用紙が届きます。受験料は10,000円で、支払いは、試験問題と解答用紙が送られてきた際、代金引き換えで支払います。

ビーズアーティスト認定試験の難易度

ビーズアーティストは、ビーズアクセサリーを作るための知識やスキルが求められます。そのため、天然石などのビーズの種類や大きさ、形の名称など、ビーズ素材についての細かい知識が出題されます。また、ビーズアクセサリーを実際に作成する際のテクニックなどについても広い範囲で出題されるので、ビーズアクセサリーを作るうえでのあらゆる知識と技術を問われます。ビーズアーティスト認定試験の合格率は、70%以上の正答率が求められます。ビーズアーティストの資格を取るためには、独学で合格している人もいますが、初心者の方は参考書や、通信講座での勉強をしてみるのもおすすめです。
ビーズアクセサリー通信教育ビーズアクセサリー通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. cad

    CAD資格口コミ比較

    建築関連のお仕事に欠かせない存在のCAD。現在はCADと一口に言ってもさまざまな種類があり、建物、設…
  2. 和菓子

    和菓子ソムリエ認定試験口コミ評判

    和菓子は、茶室や自宅など、様々な場所で美味しく頂くことができる日本のデザートです。和菓子の世界は奥が…
  3. リフレクソロジー

    リフレクソロジー資格人気資格比較

    そもそもリフレクソロジーって何? 皆さんは、リフレクソロジーって何?と聞かれて上手く説明することが…
  4. pop

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう!

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう! POPライター…
  5. インテリアデザイナー

    インテリア資格口コミ比較

    インテリアとは「室内装飾」という意味ですが、現在は言葉通りの部屋の装飾(壁、カーテンなど)だけにとど…
ページ上部へ戻る