色彩インストラクター認定試験口コミ評判

カラーセラピー

色彩インストラクターとは?

色彩インストラクターの仕事は、色についての知識をビジネスに活用することです。色彩の持つ力と言うのは非常に大きく、色彩インストラクターの仕事と言うのは、日常の様々な場所で活用されています。たとえば、赤い色は目立つため、よく特売の広告に使われたり、青い色は落ち着いて信頼感があるように見えるので、医療機関のホームページなどに活用されています。このように、色彩インストラクターは、色についてのプロフェッショナルとして、その知識を実務に活かし、また人に教えられる能力を持っています。

色彩インストラクター認定試験とは?

色彩インストラクター認定試験は、日本インストラクター技術協会が認定する資格試験です。活躍の分野は幅広く、デザインや広告業界だけでなく、建築業界、外食産業など、その活躍の場は多岐に及びます。色彩インストラクターの持つ色彩感覚は、様々な分野で役に立つため、多くの人が求めている資格です。そのため、色彩インストラクター認定試験に合格すれば、色彩インストラクターを目指す人に教える講師をする事もできます。色彩というのはなかなか言葉で説明するのが難しい概念なので、色彩インストラクターの資格と能力を持った人は、大変貴重なのです。

色彩インストラクター認定試験を受験した人の口コミと評判

デザイン業界で仕事をしていましたが、異業種に転職するときにも役に立つ資格だと思い、色彩インストラクター認定試験を受験しました。建築業界など、色彩インストラクターが活躍できる業界が広がったことで、資格取得は大きなスキルアップに繋がると思います。

色彩インストラクターは、この先大きな可能性のある資格だと思い受験しました。仕事でも非常に役に立つし、色彩インストラクターを受験したことで、色彩に関する知識も増え、普段の業務に活かせるようになりました。色彩インストラクターの資格があれば、今後転職や独立の際にも力になると思うので、取っておいてよかったです。

色彩インストラクター認定試験の受験について

日本インストラクター技術協会の主催する色彩インストラクター認定試験は、インターネットで申し込みが可能です。ホームページから申し込みを行い、受験料は10,000円となっています。申し込み完了後に試験問題と解答用紙が届きますので、受講料の支払いは、試験問題と解答用紙が送られてきた際、代金引き換えで支払います。

色彩インストラクター認定試験の難易度

色彩インストラクター認定試験では、色彩に関する様々な知識を求められます。シッ歳の業務で即戦力となる知識で、試験内容はHSV色空間、HSVカラーモデル、HSBカラーモデルといった知識の他、色相、彩度、明度、色味、色のコントラスト、ハレーションなどの色彩に関するあらゆる知識が求められます。また、色覚異常の方に配慮した配色、袋文字、マンセル表色系、オストワルト表色系、日本色研配色体系などの理解も必要です。
問題だけ見るとかなり難易度が高いように思われますが、色彩インストラクター認定試験の難易度比較的低く、全体の70%以上の正答で合格となります。色彩インストラクター認定試験は出題範囲が広いため、独学での勉強よりは、通信講座などを通して、しっかり知識を身に着けた方がいいでしょう。
カラーセラピー通信教育カラーセラピー通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. 福祉資格

    福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

    福祉心理アドバイザー認定試験とは 福祉心理アドバイザーとは、日本インストラクター技術協会(JIA)…
  2. キャンドル

    キャンドル資格口コミ比較

    テーブルやお部屋を飾るキャンドルは、おしゃれなインテリア雑貨としてだけでなく、癒しを与えてくれるヒー…
  3. 空間デザイン

    空間デザイン資格口コミ比較

    「空間デザイン」という言葉をご存じでしょうか?あまりなじみのない方が多いかもしれませんね。 空間デ…
  4. リフレクソロジー

    リフレクソロジー資格人気資格比較

    そもそもリフレクソロジーって何? 皆さんは、リフレクソロジーって何?と聞かれて上手く説明することが…
  5. カラーセラピー

    色彩の力で人の心を癒せるようになれる!お勧めの資格

    色彩の力で人の心を癒せるようになれる!お勧めの資格 現代社会に必要不可欠な…
ページ上部へ戻る