CADデザインマスター認定試験口コミ評判

cad

CADデザインマスターとは?

CADデザインマスターは、CADを使ってデザインできる人のことを言います。
CADというのは、パソコンで設計図や図面を描くためのツールです。CADには様々な種類のものがあり、世界標準であるCAD・AUTOCAD・JWCADなどが主流です。それらの使い方をマスターしている人材は非常に需要が高く、実務でも大いに役立ちます。CADデザインマスターは男女問わず人気の職業です。CADが必要となっている職場は非常に多く、今後も需要が見込まれています。

CADデザインマスター認定試験とは?

日本デザインプランナー協会が主催しているCADデザインマスター認定試験は、CADに関する幅広いジャンルの技術やスキルを認定する試験です。CADデザインマスター認定試の資格を取得しようとしている人は年々増え続けています。建築業界は今上り調子なので、それに従ってCADの需要が増えているからです。

CADデザインマスター認定試験の資格を持っていると、建築関連の仕事はもちろん、様々な職種で役立ちます。CADデザインマスターは、フリーランスで独立して活動したい方にもおすすめです。また、CADデザインマスター認定試験に合格していれば、CADの講師として働く道も開けます。

CADデザインマスター認定試験を受験した人の口コミと評判

設計事務所でCADを扱ってましたが、CADデザインマスター認定試験に合格してから、CADに関する様々な業務に携わることができるようになって、スキルアップに繋がりました。CADデザインマスター認定試験を取ったことで、収入もアップし、仕事も大変充実しています。

CADデザインマスター認定試験に合格したことで、今はCADのインストラクターとして働いています。この先、CADはさまざまな業界での需要が見込まれているので、CADデザインマスター認定試験の資格は、CADに関係した仕事にかかわる人なら取っていて損はありません。CADは建築業界だけではなく、様々な分野で利用できる技術なので、転職にも有利になると思います。

CADデザインマスター認定試験の受験について

CADデザインマスター認定試験は、偶数月に開催されています。そのため、自分の好きな時にいつでも受けられるチャンスがあるので、資格試験を受けたくても忙しくて受けられないといった心配はありません。CADデザインマスター認定試験は、日本デザインプランナー協会のホームページからインターネットで申し込みします。試験は在宅で行われます。受験料は10,000円で、インターネットでの申し込みが完了すると、試験問題と解答用紙が郵送されてくるので、受験料はその際に代金引き換えで支払います。

CADデザインマスター認定試験の難易度

CADデザインマスターに合格するためには、CADに関するあらゆる知識が必要です。世界標準CAD、AUTOCAD、JWCADを利用します。これらの技術を使い、日々の業務の中でよりCADを的確に利用して作図する能力が求められます。一定以上のCAD技術と知識を求められますが、合格率は意外と高いそうです。全体の70%の正答が合格ラインです。普段から仕事でCADに携わっている方なら、合格はそれほど難しくありません。しかし、これからCADを学ぶ人にとっては、独学ではなかなか難しいので、専門書や通信講座が有効でしょう。
CAD通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. 睡眠快眠

    睡眠・快眠・安眠資格口コミ比較

    仕事も遊びも、体が資本。健康より大切なものはありません。そして健康を保つために欠かせないのが、毎日の…
  2. カラーセラピー

    色彩の力で人の心を癒せるようになれる!お勧めの資格

    色彩の力で人の心を癒せるようになれる!お勧めの資格 現代社会に必要不可欠な…
  3. 睡眠快眠

    快眠の資格で、安眠したい人や睡眠不足に悩む人を助ける仕事に就こう

    快眠の資格で、安眠したい人や睡眠不足に悩む人を助ける仕事に就こう 現代社会では…
  4. ガーデニング園芸

    園芸やガーデニングが好きな人ならぜひ取得したい人気の資格

    園芸やガーデニングが好きな人ならぜひ取得したい人気の資格 庭いじりが好きな…
  5. 和菓子

    和菓子ソムリエ認定試験口コミ評判

    和菓子は、茶室や自宅など、様々な場所で美味しく頂くことができる日本のデザートです。和菓子の世界は奥が…
ページ上部へ戻る