キャンドルアーティスト認定試験口コミ評判

キャンドル

キャンドルアーティストとは?

キャンドルアーティストは、キャンドルに関する深い知識を持ち、キャンドル制作のインストラクターとして活躍するプロフェッショナルの事です。キャンドルの技術をしっかり教える技術と知識を持っていなくては、キャンドルアーティストにはなれません。キャンドルアーティストとなって、キャンドル制作の講師として活躍したり、企業のアドバイザーになったりと、キャンドルアーティストは様々な需要があります。

キャンドルアーティスト認定試験とは?

キャンドルアーティスト認定試験は、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する資格です。日本インストラクター技術協会は、個人や企業に対して技術を伝えて育成できる人材を作るために、様々な資格試験を開催しています。

キャンドルアーティスト認定試験を通して、キャンドル制作に携わる方の技術向上や、キャンドルの普及を目的としています。キャンドル制作を趣味としてではなく、ビジネスとして生かすためにはキャンドルアーティスト認定試験の資格は大いに役に立つでしょう。

キャンドルアーティスト認定試験を受験した人の口コミと評判

キャンドル制作の魅力にすっかり取りつかれ、キャンドルデザイナーとして活躍するためにキャンドルアーティスト認定試験を受けました。今まで独学で取り組んできたのとは比べ物にならない技術や知識を身に着けることができたので、キャンドルアーティスト認定試験を受験してよかったです。

キャンドルアーティスト認定試験を受験したことで、キャンドルに対してさまざまな知識が深まりました。今回キャンドルアーティスト認定試験を受けた事をいかして、今後キャンドル作家として活躍していきたいです。

キャンドルアーティスト認定試験の受験について

キャンドルアーティスト認定試験は、インターネットで申し込みします。申し込みは、日本インストラクター技術協会のホームページから行います。受験料は10,000円で、試験は在宅で受ける方式です。インターネットでの申し込みが完了すると、試験問題と解答用紙が郵送されてきます。受験料はその際に代金引き換えで支払います。

キャンドルアーティスト認定試験の難易度

キャンドルアーティスト認定試験は、キャンドルのプロを育成するための資格です。しかし、キャンドル作りの基礎知識さえあれば、キャンドルアーティスト認定試験の難易度はそこまで高くありません。キャンドルアーティスト認定試験は70%以上の正答率が求められまます。

キャンドルアーティスト認定試験の出題範囲は、キャンドルの様々な制作技術から出題されます。ベーシックキャンドル(ラウンド・スクエア・コーン・ボール・テーパー・スパイラル)、フローティングキャンドル、カップキャンドル、グラスキャンドル、モチーフキャンドル、アロマキャンドルなど、キャンドル制作の基本的な作成技法の勉強は必須です。また、キャンドルアーティストはキャンドルのプロを育成する資格でもあるため、キャンドルの知識を人に教えるられるレベルの知識の習得が求められます。そのため、キャンドル作りの初心者の方は、キャンドルについての専門書を読んだり、キャンドルアーティスト認定試験の通信講座を受けるのがおすすめです。
キャンドル通信教育キャンドル通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. 紅茶

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう 普段から紅…
  2. cad

    CADって何?という方も今から学んで取れる資格

    CAD初心者の方もCADって何?という方も今から学んで取れる資格 一昔前ま…
  3. 音楽療法士

    音楽資格口コミ比較

    「趣味は音楽」という方は多いと思います。じっくり音楽鑑賞が好きだという方もあれば、自ら楽器を演奏する…
  4. ビジネスマネジメント

    ストレスカウンセラー口コミ評判

    ストレスカウンセラー認定試験とは ストレスカウンセラー認定試験とは日本メディカル心理セラピー協会(…
  5. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶のことをきちんと理解している人が認定されるのが、日本茶セレクターの資格です。日本茶セレクター認…
ページ上部へ戻る