手芸アドバイザー認定試験口コミ評判

クラフトハンドメイド

手芸アドバイザーとは?

手芸は、趣味の中でも幅広い楽しみがあり、和裁や洋裁、編み物、ビーズでのアクセサリ―作りなど、様々な分野があります。最近では、レジンクラフトなども人気です。それらの手芸の技術を生かし、手芸アイテムの販売サイトやフリーマーケットなどで作品を販売して利益を得る人が増えています。今や、手芸の市場規模は4400億円程度ともいわれています。今後も、手芸という分野はますます発展していくことでしょう。手芸アドバイザーとは、そんな手芸に関する知識や技術を持った人の事です。趣味で手芸を楽しむ方に、手芸のスキルや知識を教えるカルチャースクールや教室などで主に活躍しています。

手芸アドバイザー認定試験とは?

手芸アドバイザー認定試験を主催しているのは、日本生活環境支援協会というところです。日本生活環境支援協会は、生活の中で役立つ技術やスキルの向上を目的とし、様々な資格の認定を行っています。手芸アドバイザーは手芸を単なる趣味としてではなく、ビジネスとして役立てるにはぴったりの資格です。女性に人気の資格で、受験者も急増しています。

手芸アドバイザー認定試験を受験した人の口コミと評判

小さいころから手芸が大好きで、趣味として続けていました。けれども、作品が人の目に触れる機会が多くなるにつれて、自分の知識を人に教えることも増えてきたため、手芸アドバイザーの資格を取る事にしました。自分のスキルや技術も高まったので、挑戦してよかったです。

個人のハンドクラフト作家として活躍するため、手芸アドバイザーの資格を持っていると役に立つのではないかと思い受験しました。手芸の教室を開く際にも、この資格を持っていると付加価値が高まるので、取る価値がある資格だと思います。

手芸アドバイザー認定試験の受験について

手芸アドバイザー認定試験は、偶数月ごとに開催されています。受験資格は特にありません。定期的に開催されているので、自分の好きなタイミングで受験できるのが人気です。

手芸アドバイザー認定試験を受けるには、インターネットでの申し込みが必要です。申し込みは、日本生活環境支援協会のホームページから行います。申し込みが完了して、試験問題と解答用紙が郵送されてきた際に、代金引き換えで受験料の10,000円を支払います。試験は在宅試験となっており、与えられた試験期間内に回答を返送します。

手芸アドバイザー認定試験の難易度について

手芸アドバイザー認定試験の合格率は、そんなに高いものではありません。手芸アドバイザー認定試験の合格基準は70%以上の正答率となっています。出題範囲は糸ラベルの見方、クラフト製作でよく使用する糸の種類といった素材に関するものや、革、用具、基礎知識と銀面の下処理方法など、レザークラフトに関する問題も出題されます。また、ハンドメイド作品の販売についての知識も求められるなど、趣味と実益を兼ね備えた内容となっています。試験で出る内容は基本的な知識が多いですが、独学で勉強していると知る機会がない問題も多く出題されるため、通信教育や問題集などで事前に勉強する方が多いようです。試験範囲さえマスターしてしまえば、手芸アドバイザーの資格はそこまで取得は難しくないでしょう。
ハンドメイド通信教育ハンドメイド通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. 紅茶

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう 普段から紅…
  2. 音楽療法士

    音楽資格口コミ比較

    「趣味は音楽」という方は多いと思います。じっくり音楽鑑賞が好きだという方もあれば、自ら楽器を演奏する…
  3. カラーセラピー

    カラーセラピー資格口コミ比較

    「カラーセラピー」って言葉、ご存知でしょうか。聞き慣れないという方も多いかもしれませんね。カラーセラ…
  4. cad

    CADって何?という方も今から学んで取れる資格

    CAD初心者の方もCADって何?という方も今から学んで取れる資格 一昔前ま…
  5. デッサン

    デッサン資格口コミ比較

    デッサンとは、主に鉛筆やコンテ、木炭などを使って、黒一色の濃淡のみで対象物を描いた絵を言います。デッ…
ページ上部へ戻る