POP広告アーティスト認定試験口コミ評判

pop

POP広告アーティストとは?

POP広告アーティストとは、よくお店などで見かけるPOPデザインをつくるPOP広告デザイナーを育成する事ができる知識を持った人です。物を売るには、POPの存在がとても重要です。商品の購買意欲をアップさせるるため、効果的なPOPを作るのがPOP広告デザイナーの役目ですが、POPデザインというのは実は非常にセンスを問われるものなのです。
そのため、POP広告デザイナーは非常に需要が高い職業です。しかもそのPOP広告デザイナーを育成して教えることができる人材となると、ますます限られています。そのため、POP広告アーティストはとても貴重な人材として重宝されています。

POP広告アーティスト認定試験とは?

POP広告アーティスト認定試験は、日本インストラクター技術協会が主催しているPOP広告デザイナーを育成する事の出来るインストラクターとしての資格です。POP広告デザイナーを指導して育成できるだけの技術と知識が求められます。POP広告デザイナーにはデザインセンスや広告デザインの知識など、様々な分野の知識が必要ですが、POP広告アーティストには、より高いレベルのスキルが必要となります。

POP広告アーティスト認定試験を受験した人の口コミと評判

これまでPOP広告デザイナーとしてさまざまな現場で活躍してきましたが、POP広告デザイナーとしてさらにステップアップしたいと思いPOP広告アーティスト認定試験を受験しました。かなり難しかったですが、自分にとってスキルアップになったと思います。

POPデザインの仕事に長年携わっており、自分がPOPデザインを指導する機会も増えたため、POP広告アーティストの資格を取って、講師として独立する道を考え始めました。POP広告アーティスト認定試験に合格して、今後のPOP広告デザイナーの育成に携わっていきたいと思います。

POPデザインの仕事に興味があり、POPデザインに関する資格をいろいろと調べました。POP広告アーティストの資格は、将来的にも非常に役に立つ事になりそうだったので、POP広告アーティストの資格取得を決意しました。試験の難易度もそんなに難しくなかったので、非常にいい経験になりました。

POP広告アーティスト認定試験の受験について

POP広告アーティスト認定試験は、インターネットで自宅から申し込めます。申し込みは、日本インストラクター技術協会のホームページから行います。試験は在宅試験となっており、申し込みが完了すると、試験問題と解答用紙が郵送されてきます。受験料は10,000円で、自宅に試験問題と解答用紙が郵送された受け取りの際に代金引き換えで支払います。

POP広告アーティスト認定試験の内容と難易度

POP広告アーティスト認定試験は、POP広告デザイナーを育成するという目的のため、通常のPOP広告デザイナーの資格以上に高いレベルが求められます。POP広告アーティストの内容は、主に広告デザインの知識や技術を中心に、POPデザインの技術のレベルを評価されます。消費者が求めているニーズを具体的にどのようにPOPデザインとして表すか、クライアントがどのようなPOPデザインを求めているかといった、広告の知識も必要になります。POPデザインを通じて、より消費者に効果的に購買意欲を湧きたてる技術が問われます。合格の基準は70%以上の正答率ですが、難易度は比較的低いようです。POPデザインの初心者のうちから、積極的にPOP広告アーティストの資格取得に向けてチャレンジしていくといいでしょう。
POP通信教育POP通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. 睡眠快眠

    快眠の資格で、安眠したい人や睡眠不足に悩む人を助ける仕事に就こう

    快眠の資格で、安眠したい人や睡眠不足に悩む人を助ける仕事に就こう 現代社会では…
  2. 整理整頓

    「収納」「片付け」「断捨離」が得意な人も苦手な人も取りたい資格

    「収納」「片付け」「断捨離」が得意な人も苦手な人も取りたい資格 「こんまり…
  3. 福祉資格

    福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

    福祉心理アドバイザー認定試験とは 福祉心理アドバイザーとは、日本インストラクター技術協会(JIA)…
  4. 音楽療法士

    音楽資格口コミ比較

    「趣味は音楽」という方は多いと思います。じっくり音楽鑑賞が好きだという方もあれば、自ら楽器を演奏する…
  5. メンタル心理

    テレビでもよく目にする「心理カウンセラー」の資格とは

    テレビでもよく目にする「心理カウンセラー」の資格とは 昔からテレビでも頻繁…
ページ上部へ戻る