POP広告デザイナー認定試験口コミ評判

pop

POP広告デザイナーとは?

POP広告デザイナーとは、お店で売っている商品を売るために、購買者の目をひくPOPのデザインを考える仕事です。入荷してきたばかりの商品は、段ボールに入ったままになっており、そのままでは商品としての情報も魅力も何も購買者に伝わりません。しかし、店頭に商品を並べ、POPで飾る事によって、商品を華やかに見せ、購買意欲をアップさせるのがPOP広告デザイナーの役目なのです。

POP広告デザイナーは今や、お店にとって欠かせない存在です。POPは商品を売るために必ず必要な、重要な販売ツールです。そのため、POP広告デザイナーの需要は非常に高く、技術も求められているため、様々な場で活躍することができます。

POP広告デザイナー認定試験とは?

POP広告デザイナー認定試験は、日本デザインプランナー協会が主催しているPOPデザインの資格です。POPデザインで用いられている様々な字体をPOPフォントと呼びます。これは、店によっていろいろな特徴があり、POPのフォントを見ればどこの店かわかるほど特徴的なものもあります。POP広告デザイナー認定試験では、POPデザインをするにあたり、デザインの知識やセンスを求められると共に、実際にPOPを作成する際のレイアウトや配色、状況に応じたデザインができる技術を問われます。

POP広告デザイナー認定試験を受験した人の口コミと評判

以前からスーパーの勤務でPOPを作成していましたが、さらに技術を高めてステップアップしたいと思い、POPデザインを勉強し直すことにしました。POP広告デザイナー認定試験に合格したことで、さらにPOP広告デザイナーとしてのキャリアアップに繋がりました。

昔から学校行事などでポスターを作ったり、ロゴデザインなどをするのが好きでした。たまたまテレビでPOP広告デザイナーと言う仕事を知って、自分に向いているのではないかと思ったのがきっかけで、POP広告デザイナー認定試験を受験してみました。自分の興味がある分野のことなので勉強も楽しく、見事に合格することができました!就職にも有利になりそうなので、もっと早いうちに取っておけばよかったと思いました。

POP広告デザイナー認定試験の受験について

POP広告デザイナー認定試験は、日本デザインプランナー協会のホームページからインターネットで申し込みができます。申し込みが完了すると、後日日本デザインプランナー協会から試験問題と解答用紙が郵送されてきます。受験料10,000円は、この受け取りの際に代金引き換えで支払います。

POP広告デザイナー認定試験の内容と難易度

POP広告デザイナー認定試験の内容は、デザインの知識や技術における幅広い分野から出題されます。POPデザインだけでなく、パッケージデザインや、キャラクターデザイン、といったデザインのセンスをはじめ、広告戦略や消費者への訴求力など、どうしたら効果的にPOPを通じて商品が売れるかといった知識も求められます。特にPOPフォントを書くためのレタリングの基礎知識、実際にカットや文字を書いてみるという問題もあり、難易度は高いといえるでしょう。合格には70%以上の評価の評価を得る事が必要です。そのため、POP広告デザイナー認定試験に合格するには、事前の試験勉強がとても重要です。POPデザインのセンスや技術を独学で磨くのは難しいため、試験対策には通信講座などを利用している方が多いようです。
POP通信教育POP通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. 空間デザイン

    空間をデザインする空間デザイナーとは

    空間をデザインする空間デザイナーとはどんな資格なのか 独自の世界観を持って…
  2. ハーブ講座

    ハーブの効能効果を勉強してメディカルハーブの資格を手に入れよう

    ハーブの効能効果を勉強してメディカルハーブの資格を手に入れよう ハーブティ…
  3. shikaku

    プチ稼ぎできる資格口コミ比較

    「主婦なので大きな収入は望まないけど、自由に使えるお小遣い程度を稼げる仕事ができたら……」そう思って…
  4. 和菓子

    和菓子ソムリエ認定試験口コミ評判

    和菓子は、茶室や自宅など、様々な場所で美味しく頂くことができる日本のデザートです。和菓子の世界は奥が…
  5. 空間デザイン

    空間デザイン資格口コミ比較

    「空間デザイン」という言葉をご存じでしょうか?あまりなじみのない方が多いかもしれませんね。 空間デ…
ページ上部へ戻る