空間ディスプレイデザイナー認定試験口コミ評判

空間デザイン

空間ディスプレイデザイナーとは?

空間ディスプレイデザイナーは、最近非常に人気の高い職業です。街中のショーウィンドウのディスプレイや、ショップに陳列される商品のディスプレイなど、あらゆる空間のディスプレイのプロとして活躍します。空間ディスプレイデザインには、様々な知識が要求されます。陳列の知識や技術だけでなく、商品をより効果的に見せる色彩や照明の演出技術などが求められます。

空間ディスプレイデザイナー認定試験

日本デザインプランナー協会が認定する空間ディスプレイデザイナーの認定試験では、空間ディスプレイについて色彩・照明・配置・演出の4 つの視点での知識や技術が求められます。これらの全てを学ぶことで、空間ディスプレイデザイナーとして、魅力的な空間を演出する能力を身に着ける事が目的です。
空間ディスプレイデザイナーの資格取得後は、広告、宣伝、販売といった分野での仕事に役立つ事はもちろん、空間ディスプレイデザインのスペシャリストとして自宅やカルチャースクールなどで講師活動を行うこともできます。

日本デザインプランナー協会(JDP)とは

日本デザインプランナー協会(JDP)とは、デザインに関するさまざまな資格を認定している機関です。日本デザインプランナー協会が認定するデザインの資格は、それぞれの資格のスキルが一定以上の水準であることを証明してくれるため、就職や独立に有利になります。

空間ディスプレイデザイナー認定試験を受験した人の口コミと評判

ショーウインドーのディスプレイなどの華やかな仕事に憧れていて、転職を目指してこの空間ディスプレイデザイナー認定試験を受けることにしました。空間ディスプレイの仕事は、見た目の華やかさだけではない様々な知識や技術が必要ということが分かり、非常に実践的な資格でした。

これまで空間ディスプレイを専門に手掛けていましたが、さらにスキルアップしたくて、空間ディスプレイデザイナー認定の資格を取得しました。空間ディスプレイのプロフェッショナルとして、クライアントからの信頼も深まり、仕事するうえで大変有利になったと思います。

空間ディスプレイデザイン関係の仕事に転職するため、空間ディスプレイデザイナー認定試験を受けました。転職に有利になると思って取得した資格ですが、実際に大変役に立ちました。転職先で求められる知識やスキルも、試験勉強でしっかり学んでいたところが役に立つので、転職してからも即戦力で働くことができました。

空間ディスプレイデザイナー認定試験の概要

空間ディスプレイデザイナーは、2級と1級があります。空間ディスプレイデザイナー2級は空間ディスプレイデザイナーとしての基礎レベルの知識を求められます。陳列の効果や色の基本、空間照明や空間演出といった分野の、基礎的な知識と技術が試験範囲となっています。

空間ディスプレイデザイナー1級には、実務レベルの知識と経験を求められます。出題範囲は、ディスプレイ・色彩・照明・売場演出の4項目です。実務レベルの難易度を求められるだけあって、試験は2級に比べると難しくなりますが、合格すると販売やディスプレイの仕事だけでなく、デザインや設計、建築といった幅広い分野で活躍する事ができます。

空間ディスプレイデザイナー認定試験の申込方法

空間ディスプレイデザイナーの受験要綱は、1級、2級共に同じです。受験資格は特にありません。日本デザインプランナーのホームページからインターネットで申込みます。受験料は10,000円です。試験は在宅で行い、どちらの級も70%以上の正答率で合格です。
空間通信教育空間通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. pop

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう!

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう! POPライター…
  2. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶のことをきちんと理解している人が認定されるのが、日本茶セレクターの資格です。日本茶セレクター認…
  3. デッサン

    デッサン資格口コミ比較

    デッサンとは、主に鉛筆やコンテ、木炭などを使って、黒一色の濃淡のみで対象物を描いた絵を言います。デッ…
  4. カラーセラピー

    カラーセラピー資格口コミ比較

    「カラーセラピー」って言葉、ご存知でしょうか。聞き慣れないという方も多いかもしれませんね。カラーセラ…
  5. デッサン

    デッサンを極めたい人も上手になりたい人にも鉛筆デッサンマスターの資格

    デッサンを極めたい人も上手になりたい人にも鉛筆デッサンマスターの資格 絵が…

人気の資格

ページ上部へ戻る