実践建築模型認定試験口コミ評判

住宅模型

日本デザインプランナー協会が認定する実践建築模型認定試験は、建築、デザイン業で建築模型の需要が高まるにつれて脚光を浴びている資格です。口コミや評判をもとに、実践建築模型認定試験の内容や、受験要綱について調べました。

実践建築模型認定試験とは?

実践建築模型認定試験とは、日本デザインプランナー協会が認定する資格の一種です。建築模型を第三者にプレゼンテーションすることを前提に、減築模型の知識や制作技術を計る試験となっています。設計者の意図を明確にプレゼンテーションするための知識、制作技能を求められるため、デザインや建築など、幅広い分野についての試験勉強が必要です。

日本デザインプランナー協会(JDP)による認定

日本デザインプランナー協会(JDP)とは、デザイン技術の各スキルが一定以上の水準であることを資格試験によって認定する機関です。実践建築模型認定試験以外にも、20種類以上のデザインに関する資格を認定しています。

実践建築模型認定試験を受験した人の口コミと評判

通信教育で勉強期間は9カ月程勉強し、日本デザインプランナー協会の実践建築模型認定試験を取得しました。建築模型の基礎的な知識や技術を身につけられるので、仕事にも非常に役に立ちます。日本デザインプランナー協会による認定ということで、アピールポイントとしても自分の武器になりました。

建築関係の仕事のスキルアップにと思いこの資格を取得しました。試験内容は非常に実践的だったので、単に資格取得しただけでなく、勉強した内容をきちんと仕事の場でいかすことができます。日本デザインプランナー協会という、デザインに関する資格で有名なところの試験なので、この先転職する際にも強みになるのかなと思います。

建築模型に携わる仕事がしたくて、実践建築模型認定試験を受験しました。建築やデザインについての知識が問われ、非常に取り組みがいのある試験でした。模型製作の知識以外にも、プレゼンテーションに必要な内容なども学ぶことができ、非常に実戦に役立つ資格だなと思いました。実践建築模型認定試験を受けて資格取得したことで、憧れていた職に就くきっかけにもなったので、受けて良かったと思います。

実践建築模型認定試験の申込方法

実践建築模型認定試験では、1級、2級共に在宅での受験が可能です。資格試験は2か月に1回開催されており、申し込みは日本デザインプランナー協会のホームページから行えます。実践建築模型認定試験のページから必要事項を入力して送信するだけなので非常に申し込みは手軽です。受験料は日本デザインプランナー協会から問題と解答用紙が郵送されてきた際に、代金引き換えで支払います。受験料は、1級、2級ともに10000円です。

実践建築模型認定試験の合格基準と難易度

実践建築模型認定試験の合格ラインは1級、2級共に70%以上です。勉強方法に関しては、通信講座を利用している人が多いですが、概ね半年から1年程度の独学で合格しているようです。難易度としては、日本デザインプランナー協会が主催している多くのデザイン関連の資格と変わらず、ある程度の勉強で無理なく取れる程度といえるでしょう。

実践建築模型認定試験のメリット

日本デザインプランナー協会が認定する実践建築模型認定試験では、建築業界で必要不可欠な、建築模型の技術と知識を認定します。建築模型の技術とプレゼンテーション知識は、幅広い現場で求められています。特に、建築業界やデザイン業界で働く人にとっては非常に有用な資格となるでしょう。
建築模型・住宅模型通信教育建築模型・住宅模型通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. cad

    CAD資格口コミ比較

    建築関連のお仕事に欠かせない存在のCAD。現在はCADと一口に言ってもさまざまな種類があり、建物、設…
  2. カラーセラピー

    カラーセラピー資格口コミ比較

    「カラーセラピー」って言葉、ご存知でしょうか。聞き慣れないという方も多いかもしれませんね。カラーセラ…
  3. リフレクソロジー

    リフレクソロジー資格人気資格比較

    そもそもリフレクソロジーって何? 皆さんは、リフレクソロジーって何?と聞かれて上手く説明することが…
  4. デッサン

    デッサン資格口コミ比較

    デッサンとは、主に鉛筆やコンテ、木炭などを使って、黒一色の濃淡のみで対象物を描いた絵を言います。デッ…
  5. pop

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう!

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう! POPライター…
ページ上部へ戻る