盆栽資格人気資格比較

盆栽

盆栽は中国が発祥ですが、今や日本の文化と融合して、その造形美は日本独自の芸術作品になっています。また昨今は「Bonsai(ぼんさい)」で外国人にも通じるほど、グローバル化しています。

「盆栽」は。中国では「盆景(ぼんけい)」と言い、盆石(ぼんせき)、盆庭(ぼんてい)、盆山(ぼんさん)と同義語になります。金閣寺や銀閣寺にある庭園が盆庭の始まりと言われます。盆栽は小さな鉢の中に雄大な自然の景色を創り出す芸術作品です。

盆栽の値段に上限はありません。匠や専門家の作品は数百万円もするものがざらにあります。金持ち、年寄りの趣味と敬遠されていたのは一昔前のこと、今では1000円から数千円までの「小品盆栽」とか「ミニ盆栽」が出回り、若年層に人気になっていることを知っていますか? そうです。今や盆栽をやる女性が増えており、そんな女性を”盆栽女子”と呼んでいます。

盆栽は、使う土や肥料、鉢、こけ(苔)を選ぶことから始まり、せん(剪)定の種類や剪定を行う季節にも気を付けなければなりません。非常に奥深い世界です。脳の発育に適した趣味であり、ボケ防止にも良いと言われています。

盆栽の資格を取れば、もっと高級な芸術作品の誕生も夢ではないでしょう。趣味の延長として挑戦してみませんか?比較★「盆栽士」資格

比較★「盆栽士」資格

日本デザインプランナー協会(JDP)が認定する資格。盆栽士として、盆栽の基礎的な知識を持っていることを認定されます。盆栽の歴史、盆栽に使う木や植物の知識、海外での盆栽のあり方、盆栽に使われる土・鉢・肥料・苔・灌水・せん定の種類やせん定する季節を学びます。さらに針金かけ・植え替え・葉刈り、病害虫の種類と対策、盆栽用語などの知識を付けている人認定します。

受験資格は特にありません。受験料は1万円。インターネットで申し込み、在宅受験できます。合格基準は70%以上。

日本デザインプランナー協会

資格TOPページ


認定試験

盆栽クリエイター認定試験

比較「苔玉士」資格

日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する資格。こけの作り方、こけ玉を作る際に使う道具の種類と使い方などの知識を持っていることを認定します。季節ごとに最適なこけ玉の置き場所、肥料の知識、こけ玉や盆栽に最適な木や植物(例えば黒松、五葉松、マスギ、イチョウ、紅葉、梅など)の特徴と灌水・施肥・手入れなどの知識も問われます。

資格取得後は、こけ玉作りインストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動もできます。

こけ玉とは、植物の根を土で包み、その土をこけ包んだ愛らしい形状のもの。盆栽の世界では多用されます。

受験資格は特にありません。受験料は1万円。インターネットで申し込み、在宅受験できます。合格基準は70%以上。

日本インストラクター技術協会
https://www.jpinstructor.org/
認定試験
https://www.jpinstructor.org/shikaku/kokedama/

比較「盆栽士」資格

日本園芸協会認定(JGS)が認定する資格。指定の講座を受講し、基礎知識から高度な技術までを学びます。すべての講座を修了すると、盆栽士の資格を与えられます。

盆栽士の資格を取得すれば、盆栽の仕立ての技術だけでなく、市場の動向や苗木などの販売知識も深めることができるので、趣味の域から仕事へと活躍の場が広がります。

申し込んで送られてくるテキスト1は、盆栽基本編・仕立て技術編(せん定や芽摘み、葉刈りなど)、テキスト2は、仕立て技術編(針金かけ、特殊技術、創作盆栽など)、テキスト3は、培養管理編・繁殖技術編・応用技術編。費用は5万1000円。

日本園芸協会認定
http://www.gardening.or.jp/ichiran.html
盆栽技能講座
https://www.happy-semi.com/kouza/ab/bo/k01rb/index.html?mame=r1008
盆栽盆栽

関連記事

資格ランキング

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶のことをきちんと理解している人が認定されるのが、日本茶セレクターの資格です。日本茶セレクター認…
  2. 福祉資格

    福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

    福祉心理アドバイザー認定試験とは 福祉心理アドバイザーとは、日本インストラクター技術協会(JIA)…
  3. 和菓子

    和菓子ソムリエ認定試験口コミ評判

    和菓子は、茶室や自宅など、様々な場所で美味しく頂くことができる日本のデザートです。和菓子の世界は奥が…
  4. 睡眠快眠

    快眠の資格で、安眠したい人や睡眠不足に悩む人を助ける仕事に就こう

    快眠の資格で、安眠したい人や睡眠不足に悩む人を助ける仕事に就こう 現代社会では…
  5. 音楽療法士

    音楽資格口コミ比較

    「趣味は音楽」という方は多いと思います。じっくり音楽鑑賞が好きだという方もあれば、自ら楽器を演奏する…
ページ上部へ戻る