ハンドメイド・クラフト手芸資格口コミ比較

クラフトハンドメイド

編み物、工芸、洋裁、刺繍、パッチワーク……。手芸にもいろいろあります。自分の好きな、得意な手芸を生かして世界に一つのアクセサリーを作る、とても素敵なことだと思います。手芸のスキルは、女性なら少しでも身に付けておきたいですよね。
それには勉強、というわけで、ここではハンドメイド・クラフト手芸に関する資格を比較形式でご紹介します。いろいろな資格がありますので、自分にマッチしたものを選んで腕を磨いてくださいね。

★ハンドメイドマイスター(ハンドメイドマイスター)

日本デザインプランナー協会(JDP)が主催するハンドメイドマイスター(ハンドメイドマイスター)の資格は、ハンドメイド・クラフト手芸関連ではメジャーな資格の一つで、たくさんの方が取得を目指して受講されています。毛糸を使った編み物や小物の装飾などの技術を使って、手作りの手芸品を制作できる、さらには人に指導できる技能を認定する資格です。手芸専門店や雑貨店などで働くのに有利な資格です。ハンドメイドマイスター認定試験

手芸アドバイザー

手芸アドバイザーとは、クラフトに関するカーピング、ギャザーなどの様々な知識、技術を理解していることを認定する資格です。日本生活環境支援協会(JLESA)が主催しています。「アドバイザー」と名前はありますが、そんなに敷居の高い資格ではなく、「空いた時間を有効活用したい」「子どもに何か作ってやりたい」といった軽い気持ちで勉強されている方も多くおられます。自分の趣味の幅を広げるためにも、手芸が好きな方はぜひチャレンジしてみてください。資格取得後は講師としての活動も可能です。手芸アドバイザー認定試験

ハンドメイド・クリエイター

その名の通り、手作り(ハンドメイド)の品を作る(クリエイト)能力を認定する資格です。ですから手作りであれば、そのジャンルは問われません。例えば子供のための通園バックや茶巾袋を作るのも、ビーズでアクセサリーを作るのも、レザークラフトも、フェルトでマスコットを作ったりするのも、ハンドメイドです。こうした物を自分の手で作る技能を身に付けることができるため、幅広い年代の女性に人気があります。日本通信教育振興協会が認定する、生涯学習奨励講座を受講することで取得できます。

雑貨カフェクリエイター

こちらの資格は、他の4つとはやや毛色が異なるものです。他の資格が、アクセサリーや雑貨を「作る」技能を認定するのに対して、この雑貨カフェクリエイターの資格は、「雑貨カフェ開業」のノウハウを修得した人に認定されるものなんです。カフェ(飲食)+雑貨(物販)の両面から、人気ショップづくりのノウハウを学ぶというもので、雑貨や手芸品が好き!というだけでなく、それを販売してお商売にしたい、という方向けの資格といえます。

棒針編み講師認定証

1969年設立と長い歴史を持つ、公益財団法人日本手芸普及協会が認定する資格です。手芸の指導者育成と普及を目指して活動している団体とあって、その資格も格式の高いものとされています。資格を取得するには、編み物の出版・教育活動で培ったノウハウを持つ日本ヴォーグ社が運営する通信講座を修了する必要があります。なお、過去には「日本編物文化協会」という団体も棒針編み講師を認定していましたが、現在はありません。
ハンドメイド通信教育ハンドメイド通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. デッサン

    デッサン資格口コミ比較

    デッサンとは、主に鉛筆やコンテ、木炭などを使って、黒一色の濃淡のみで対象物を描いた絵を言います。デッ…
  2. 睡眠快眠

    睡眠・快眠・安眠資格口コミ比較

    仕事も遊びも、体が資本。健康より大切なものはありません。そして健康を保つために欠かせないのが、毎日の…
  3. ビジネスマネジメント

    ストレスカウンセラー口コミ評判

    ストレスカウンセラー認定試験とは ストレスカウンセラー認定試験とは日本メディカル心理セラピー協会(…
  4. カラーセラピー

    色彩の力で人の心を癒せるようになれる!お勧めの資格

    色彩の力で人の心を癒せるようになれる!お勧めの資格 現代社会に必要不可欠な…
  5. フラワーアレンジメント

    フラワーアレンジメントの資格をとって花に囲まれた生活を手にしよう

    フラワーアレンジメントの資格をとって花に囲まれた生活を手にしよう 記念日や…
ページ上部へ戻る