ハーブ資格口コミ比較

ハーブ講座

ハーブ(herb)とは一般的に、人の生活に役立つ植物の総称です。その使われ方はさまざまで、お料理の香り付け、ハーブのクラフト作り、薬としての利用、香りのアロマ効果などがあります。ハーブの世界はとても奥深く、知れば知るほど興味がわいてきます。ハーブ栽培を趣味にされている方が多いのも、その奥深さと実用性によるのではないでしょうか。
また、自分の趣味だけで終わるのでなくもっと本格的にハーブを学びたい、育てたいという方のためにハーブに関する資格も多数あります。ここではハーブ資格の中でも人気の高い5つをご紹介します。ぜひ資格取得に挑戦してハーブマスターを目指してください。

★メディカルハーブカウンセラー

メディカルハーブとは、ハーブの中でも特に薬効に優れた薬用植物として分類されている薬用ハーブを言います。メディカルハーブは、リラックス効果・リフレッシュ効果・デトックス効果など、私たち人間に良い影響を与える効果を持つものが多く存在します。そうしたハーブの効果効能についての深い知識を持ち、患者に対して適切なハーブを用いてカウンセリングを行う技術を持つ人に認定されます。日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催・認定するハーブの資格です。また資格取得後はカウンセラーとしてカルチャースクールなどで講師活動が可能です。多くの人たちにメディカルハーブの素晴らしさを広めてください。メディカルハーブカウンセラー認定試験

ハーブインストラクター

こちらは日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定するハーブ資格で、「ハーブライフ」の言葉通り、ハーブの効果効能を日常を生活に活かし、豊かな生活を促進させるための知識や技能を持つ人に認定される資格です。ハーブを栽培するだけでは満足できない、日々の暮らしにもっと生かしたい!という方にはピッタリ。資格試験では、ハーブの基礎知識に始まり、ハーブの歴史や種類、有効成分、ハーブティーの道具や淹れ方、ハーブの料理などについて幅広い知識が問われます。優れたインストラクターとなって、自分にも、他人にも、ハーブのあるより良い暮らしを作り上げてください。ハーブインストラクター認定試験

ハーブセラピスト

「セラピスト」とは「セラピー(治療法)」からくる言葉で「治療する人」。ハーブセラピストの資格は、ハーブを趣味として学ぶのではなく、癒しの立場からハーブの効能や利用法などを本格的に学び「癒し」や「自然療法」として活かす能力を認定する資格です。日本ハーブセラピスト協会が主催・認定するもので、日本で最初に行われたハーブ検定だそうですよ。資格取得者には、同協会がハーブ関連の講師活動やサロン開業をサポートしてくれます。非常に実用的な資格だと言えるでしょう。

メディカルハーブ検定

薬効に優れた「メディカルハーブ」に関する知識や技能を試されるのがメディカルハーブ検定。日常生活の中でのメディカルハーブの使い方、安全性や有用性など、ハーブを楽しむために知っておきたい基礎知識を身につける検定です。日本メディカルハーブ協会が主催。30~40代を中心に、幅広い年齢層の方から支持されています。

ハーブコーディネーター

ハーブの栽培方法や活用方法、ハーブティー、ハーブ料理、ポプリやサシェなどなど、ハーブの楽しみ方を総合的に学べる資格です。日本園芸協会が主催する講座を受講し、すべての課題に合格すると資格を取得できます。趣味としてのハーブの魅力を幅広く楽しむために注目しておきたい資格です。
ハーブ通信教育ハーブ通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. shikaku

    プチ稼ぎできる資格口コミ比較

    「主婦なので大きな収入は望まないけど、自由に使えるお小遣い程度を稼げる仕事ができたら……」そう思って…
  2. キャンドル

    キャンドルの手作りを極めてキャンドルデザイナーという資格を取ろう

    キャンドルの手作りを極めてキャンドルデザイナー(キャンドルデザイナー)という資格を取ろう …
  3. デッサン

    デッサン資格口コミ比較

    デッサンとは、主に鉛筆やコンテ、木炭などを使って、黒一色の濃淡のみで対象物を描いた絵を言います。デッ…
  4. 睡眠快眠

    睡眠・快眠・安眠資格口コミ比較

    仕事も遊びも、体が資本。健康より大切なものはありません。そして健康を保つために欠かせないのが、毎日の…
  5. 空間デザイン

    空間をデザインする空間デザイナーとは

    空間をデザインする空間デザイナーとはどんな資格なのか 独自の世界観を持って…
ページ上部へ戻る