CAD資格口コミ比較

cad

建築関連のお仕事に欠かせない存在のCAD。現在はCADと一口に言ってもさまざまな種類があり、建物、設備、構造など、図面化する内容によってより専門的で便利なCADを使うことになります。それら全てのCADをマスターするのは相当熟練の腕が必要で、実際は業務に必要な2~3種類のCADを使うことになります。いずれにしても、CADを使いこなす技術を持っている人は重宝され、そうした技術を身に付けるCAD関連の資格もたくさん存在します。ここでは数あるCAD関連の資格の中から、特に人気の高いものをピックアップしてご紹介します。

★CADデザインマスター

世界的に高いシェアを誇る2大CAD「AUTOCAD」と「JWCAD」を使った、実務に即したより的確な作図能力・CAD技術を身に付けた人に認定される資格です。日本デザインプランナー協会(JDP)が認定しています。この実務というのは、いわゆる建築図面だけでなく、機械図面や電気・設備図面や土木図面なども含まれます。建築に関わる、あらゆるジャンルの知識とCAD技術が求められる、レベルの高い資格だと言えます。取得後はCAD技術を教える講師活動が可能です。CADデザインマスター認定試験

建築CADインストラクター

建築物の設計図面や施工図(現場での実際の納まりを示した詳細図)をCADで作図する技能や関連する知識を習得し、「AUTOCAD」「JWCAD」のいずれかを実務レベルで操作できる人に認定される資格です。日本インストラクター技術協会(JIA)が認定します。一つの建築物にかかる図面は多種ありますが、その中でも建物の全容が最もよくあらわれるのが建築図です。それだけ重要度の高い資格だと言えるでしょう。建築CADインストラクター認定試験

機械・設備・電気CADインストラクター

機械設備や配管は建物内部にあるため外からは見えにくいですが、建物のインフラを支える重要な部分です。こうした設備関連の図面作成におけるCAD資格です。空調設備・給排水衛生設備・電気設備・プラント設備などを設計し「AUTOCAD」「JWCAD」のいずれかで作図できる技能と知識を習得した人に認定される資格です。日本インストラクター技術協会(JIA)が認定します。機械・設備・電気CADインストラクター認定試験

土木CADインストラクター

土木工事の際に必要とされる、土木製図を「AUTOCAD」「JWCAD」のいずれかで実務レベルで作図できる技能を持つ人に認定されます。こちらも日本インストラクター技術協会(JIA)が認定。構造物・工作物や橋梁などに関する深い理解が必要とされます。土木CADインストラクター認定試験

CAD利用技術者試験

プロフェッショナルとしてのCADを利用した設計・製図業務スキルを問われる資格試験です。1級(トレース)・1級(建築)・1級(機械)・2級の4種類があり、それぞれ内容や所要レベルが異なります。資格取得後は、その能力を生かして建築・土木設計事務所、機械・アパレル・インテリアメーカー、CADオペレーターなど幅広い業種での活躍が期待できます。

建築CAD検定

1993年に誕生した、日本初の建築CADの資格試験です。一般社団法人全国建築CAD連盟が主催しています。2015年現在で受験者数は年間6千名以上にのぼり、建築系のCAD資格試験としてはまさに日本最大級のもの。CAD技術のみでなく建築知識が必要な実践型の実技試験です。資格取得者は即戦力として重宝されるでしょう。建築業界で働きたいという方はぜひチャレンジしてください。
CAD通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. フラワーアレンジメント

    フラワーアレンジメントの資格をとって花に囲まれた生活を手にしよう

    フラワーアレンジメントの資格をとって花に囲まれた生活を手にしよう 記念日や…
  2. カラーセラピー

    カラーセラピー資格口コミ比較

    「カラーセラピー」って言葉、ご存知でしょうか。聞き慣れないという方も多いかもしれませんね。カラーセラ…
  3. メンタル心理

    テレビでもよく目にする「心理カウンセラー」の資格とは

    テレビでもよく目にする「心理カウンセラー」の資格とは 昔からテレビでも頻繁…
  4. リフレクソロジー

    リフレクソロジー資格人気資格比較

    そもそもリフレクソロジーって何? 皆さんは、リフレクソロジーって何?と聞かれて上手く説明することが…
  5. shikaku

    プチ稼ぎできる資格口コミ比較

    「主婦なので大きな収入は望まないけど、自由に使えるお小遣い程度を稼げる仕事ができたら……」そう思って…
ページ上部へ戻る