電気通信設備「工事担任者」

shikaku

電気通信設備「工事担任者」資格とは

電気通信事業法に基づき、企業や一般家庭においてネットワーク工事の実施・監督を行う総務省所管の国家資格。複雑・高度化する電気通信業界においては、ますます重要度は高まっている。

電気通信設備「工事担任者」の仕事内容

携帯電話会社などの電気通信事業者、システムインテグレータ、インターネットサービスプロバイダ、警備、ガス、電気、鉄道会社などの通信設備部門の第一線で活躍できる。

受験資格

受験費用

試験時期

学習方法

参考書や問題集を使って学び年2回の国家試験に合格するか、総務省が認定する養成課程を修了し、資格を取得する。

資格団体

一般財団法人日本データ通信協会電気通信国家試験センター

関連記事

資格ランキング

  1. pop

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう!

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう! POPライター…
  2. デッサン

    デッサン資格口コミ比較

    デッサンとは、主に鉛筆やコンテ、木炭などを使って、黒一色の濃淡のみで対象物を描いた絵を言います。デッ…
  3. メンタル心理

    テレビでもよく目にする「心理カウンセラー」の資格とは

    テレビでもよく目にする「心理カウンセラー」の資格とは 昔からテレビでも頻繁…
  4. カラーセラピー

    カラーセラピー資格口コミ比較

    「カラーセラピー」って言葉、ご存知でしょうか。聞き慣れないという方も多いかもしれませんね。カラーセラ…
  5. 福祉資格

    福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

    福祉心理アドバイザー認定試験とは 福祉心理アドバイザーとは、日本インストラクター技術協会(JIA)…
ページ上部へ戻る