設備設計一級建築士

shikaku

設備設計一級建築士資格とは

建築物の構造計算書偽装事件を受けて新建築士法が公布されたのを機にスタートした建築士制度。これの基づき階数が3以上、かつ床面積5000㎡を超える建築物に、設備設計一級建築士の関与が義務付けられている。

設備設計一級建築士の仕事内容

一定規模以上の建築物の設備設計を行うほか、こうした建築物の設備関係規定への適合性を確認する。住宅や建築関連企業などに勤務するほか、専門分野を活かして独立開業もできる。

受験資格

受験費用

試験時期

学習方法

国土交通大臣の登録を受けた講習機関が行う「設備設計一級建築講習」を受講し終了考査を受ける。取得後も3年ごとの定期講習受講が義務付けられている。

資格団体

公益財団法人建築技術教育普及センター

関連記事

資格ランキング

  1. 紅茶

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう 普段から紅…
  2. 睡眠快眠

    睡眠・快眠・安眠資格口コミ比較

    仕事も遊びも、体が資本。健康より大切なものはありません。そして健康を保つために欠かせないのが、毎日の…
  3. shikaku

    人気資格口コミ比較

    さまざまな分野での専門知識やスキルの証明となる「資格」。自分のステータスとしても、何か1つくらいは持…
  4. shikaku

    使える資格口コミ比較

    せっかく授業料を払って一生懸命勉強して資格を取得しても、それを生かす場がなければ「宝の持ち腐れ」にな…
  5. ビジネスマネジメント

    ストレスカウンセラー口コミ評判

    ストレスカウンセラー認定試験とは ストレスカウンセラー認定試験とは日本メディカル心理セラピー協会(…
ページ上部へ戻る