shikaku

消防設備士試験資格とは

屋内消火栓設備や自動火災報知設備、スプリンクラー設備など、建築物の消防用設備等の工事や整備を行うために必要な資格。甲種・乙種の2区分がある。甲種は工事・整備、乙種は整備を行うことができる。甲種は特類と第1類から第5類に、乙種は第1類から第7類に区分され、それぞれ扱える設備が定められている。

消防設備士試験の仕事内容

消防用設備等の工事・整備を行う企業やビル管理会社で働くほか、独立も可能。

受験資格

受験費用

試験時期

学習方法

消防設備士試験に関する参考書・問題集を使って独学するのが一般的。また、消防設備士受験に向けた民間の通信講座などを利用する方法もある。

資格団体

一般財団法人消防試験研究センターの各道府県支部

関連記事

資格ランキング

  1. 空間デザイン

    空間をデザインする空間デザイナーとは

    空間をデザインする空間デザイナーとはどんな資格なのか 独自の世界観を持って…
  2. 和菓子

    和菓子ソムリエ認定試験口コミ評判

    和菓子は、茶室や自宅など、様々な場所で美味しく頂くことができる日本のデザートです。和菓子の世界は奥が…
  3. タイ古式マッサージ

    タイ古式整体資格人気資格比較

    タイ古式マッサージはヨガ・指圧・整体などの流れをくんでおり、タイの伝統医学の一つです。その歴…
  4. 福祉資格

    福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

    福祉心理アドバイザー認定試験とは 福祉心理アドバイザーとは、日本インストラクター技術協会(JIA)…
  5. 睡眠快眠

    睡眠・快眠・安眠資格口コミ比較

    仕事も遊びも、体が資本。健康より大切なものはありません。そして健康を保つために欠かせないのが、毎日の…
ページ上部へ戻る