福祉住環境コーディネーター検定試験

shikaku

福祉住環境コーディネーター検定試験資格とは

高齢者や障がい者が安心して自立した生活が送れるよう、住環境の整備と改善を提案するアドバイザー。バリアフリー住宅の建築やリフォーム、介護機器の導入におけるコンサルティングなどに活かせる「福祉、医療、建築」の幅広い知識が習得できる。

福祉住環境コーディネーター検定試験の仕事内容

住宅メーカー、住宅リフォーム会社の営業職、福祉用具メーカー・販売店、住宅設備メーカー・販売店、建築・設計事務所、ケアマネジャー、医療関係者など活躍の場は広がっている。

受験資格

学歴、年齢、性別、国籍など特に制限はない。ただし1級の受験は2級に合格していることが条件。

受験費用

受験料は3級が4320円、2級が6480円、1級が1万800円。

試験時期

2・3級は年2回(7月および11月頃)の実施。1級は年1回(11月頃)の実施。

学習方法

検定試験の内容に準じたテキストや参考書で勉強するほか、受験対策セミナーや通信講座を受講するなどして生活・住環境に関わる知識や技能を学ぶ。

資格団体

東京商工会議所検定センター

関連記事

資格ランキング

  1. ハーブ講座

    ハーブ資格口コミ比較

    ハーブ(herb)とは一般的に、人の生活に役立つ植物の総称です。その使われ方はさまざまで、お料理の香…
  2. タイ古式マッサージ

    タイ古式整体資格人気資格比較

    タイ古式マッサージはヨガ・指圧・整体などの流れをくんでおり、タイの伝統医学の一つです。その歴…
  3. 空間デザイン

    空間をデザインする空間デザイナーとは

    空間をデザインする空間デザイナーとはどんな資格なのか 独自の世界観を持って…
  4. スパイス

    スパイスにこだわっている方にお勧めのスパイス香辛料ソムリエの資格

    スパイスにこだわっている方にお勧めのスパイス香辛料ソムリエ(スパイスソムリエ)の資格 …
  5. デッサン

    デッサン資格口コミ比較

    デッサンとは、主に鉛筆やコンテ、木炭などを使って、黒一色の濃淡のみで対象物を描いた絵を言います。デッ…
ページ上部へ戻る