shikaku

TSST資格とは

「SST(スタンダード・スピーニング・テスト)」の電話版。試験期間中に電話をかけるとコンピューターによって10問が主題される仕組みで、時間と場所に関係なく受けられる。問題文は日本語→英語の2ヵ国語で読まれ、回答時間は各問45秒。3人の評価官が英語のスピーキング能力を9段階で評価する。

TSSTの仕事内容

「話す」力をチェックするための試験。仕事で英語を話す機会がある人が現在のスキルを確認するのに適している。

受験資格

受験費用

試験時期

学習方法

スピーキング能力が評価されるので、英語でたくさん話せるようになることが基本。TSSTのサイトにレベル別のおすすめ勉強法と教材が掲載されている。

資格団体

(株)アルク

関連記事

資格ランキング

  1. 福祉資格

    福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

    福祉心理アドバイザー認定試験とは 福祉心理アドバイザーとは、日本インストラクター技術協会(JIA)…
  2. 睡眠快眠

    快眠の資格で、安眠したい人や睡眠不足に悩む人を助ける仕事に就こう

    快眠の資格で、安眠したい人や睡眠不足に悩む人を助ける仕事に就こう 現代社会では…
  3. 音楽療法士

    音楽資格口コミ比較

    「趣味は音楽」という方は多いと思います。じっくり音楽鑑賞が好きだという方もあれば、自ら楽器を演奏する…
  4. デッサン

    デッサンを極めたい人も上手になりたい人にも鉛筆デッサンマスターの資格

    デッサンを極めたい人も上手になりたい人にも鉛筆デッサンマスターの資格 絵が…
  5. インテリアデザイナー

    インテリア資格口コミ比較

    インテリアとは「室内装飾」という意味ですが、現在は言葉通りの部屋の装飾(壁、カーテンなど)だけにとど…
ページ上部へ戻る