全養協日本語教師検定

shikaku

全養協日本語教師検定資格とは

日本語教育の現場で必要な知識・能力に特化した検定。知識よりも実践力を問う。試験は、マークシート方式の「試験」で構成。結果は、合否だけでなく4段階のレベルで示され、今後のアドバイスもつく。合格後も上のレベルをめざして再受験可。

全養協日本語教師検定の仕事内容

就職に必須の資格ではないが、知識を問う「日本語教育能力検定試験」とあわせれば効果的。職場は海外にも広がっている。

受験資格

受験費用

試験時期

学習方法

実務か実習の経験がないと合格は難しい。日本語教師の養成講座は420時間程度。DVD付きの問題集『日本語教師の実践力』(1890円)を協議会が発行している。

資格団体

一般社団法人全国日本語教師養成協議会事務局

関連記事

資格ランキング

  1. リフレクソロジー

    リフレクソロジー資格人気資格比較

    そもそもリフレクソロジーって何? 皆さんは、リフレクソロジーって何?と聞かれて上手く説明することが…
  2. shikaku

    人気資格口コミ比較

    さまざまな分野での専門知識やスキルの証明となる「資格」。自分のステータスとしても、何か1つくらいは持…
  3. 福祉資格

    福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

    福祉心理アドバイザー認定試験とは 福祉心理アドバイザーとは、日本インストラクター技術協会(JIA)…
  4. クラフトハンドメイド

    ハンドメイド・クラフト手芸資格口コミ比較

    編み物、工芸、洋裁、刺繍、パッチワーク……。手芸にもいろいろあります。自分の好きな、得意な手芸を生か…
  5. cad

    CADって何?という方も今から学んで取れる資格

    CAD初心者の方もCADって何?という方も今から学んで取れる資格 一昔前ま…
ページ上部へ戻る