shikaku

タイ語検定試験資格とは

初級から上級まで、タイ語の語学力を判定する。試験は、1~5の5段階で、内容は筆記とリスニング。2級以上は1次試験合格者に対し、2名の面接官による2次試験が行われる。合格ラインは満点の7割。

タイ語検定試験の仕事内容

日本からタイへの年間渡航者数は100万人を超える。タイへ進出する日本企業も多い。3級以上の合格者は、タイ語のできる人材として重宝されるだろう。また、2~1級は、会議通訳・一般翻訳が可能なレベル。

受験資格

受験費用

試験時期

学習方法

ABKアジアセミナーのタイ語コースなどを利用して学習しょう。過去問題は各回620円でABKアジアセミナーが販売している。

資格団体

特定非営利活動法人日タイ語交流センター

関連記事

資格ランキング

  1. リフレクソロジー

    リフレクソロジー資格人気資格比較

    そもそもリフレクソロジーって何? 皆さんは、リフレクソロジーって何?と聞かれて上手く説明することが…
  2. ビジネスマネジメント

    ストレスカウンセラー口コミ評判

    ストレスカウンセラー認定試験とは ストレスカウンセラー認定試験とは日本メディカル心理セラピー協会(…
  3. キャンドル

    キャンドルの手作りを極めてキャンドルデザイナーという資格を取ろう

    キャンドルの手作りを極めてキャンドルデザイナー(キャンドルデザイナー)という資格を取ろう …
  4. デッサン

    デッサン資格口コミ比較

    デッサンとは、主に鉛筆やコンテ、木炭などを使って、黒一色の濃淡のみで対象物を描いた絵を言います。デッ…
  5. 空間デザイン

    空間をデザインする空間デザイナーとは

    空間をデザインする空間デザイナーとはどんな資格なのか 独自の世界観を持って…
ページ上部へ戻る