DCアドバイザー

shikaku

DCアドバイザー資格とは

個人には年金の具体的活用法や投資方法などを、企業には、確定拠出年金制度の導入・実施にあたってのアドバイスを行うのがDCアドバイザーの仕事。試験は2段階あり、全問マークシート方式。マネー相談にはすでに確定拠出年金の基礎知識は不可欠になっている。

DCアドバイザーの仕事内容

金融系、福利厚生担当者などが取得することで、より仕事の幅が広がる。個人投資家にアドバイスする専門家としての活躍の場も今後さらに広がっていくだろう。

受験資格

試験当日に20歳以上の者。それ以外の受験資格の条件はない。

受験費用

受験手数料はすべての分野を一度に受験する場合1万800円。

試験時期

試験は年1回、14年は12月に実施された。

学習方法

試験の出題傾向は、例年、過去問題と類似していることから、過去問題の研究が合格のポイントといえる。

資格団体

特定非営利活動法人確定拠出型年金教育・普及協会(DC協会)

関連記事

資格ランキング

  1. 空間デザイン

    空間をデザインする空間デザイナーとは

    空間をデザインする空間デザイナーとはどんな資格なのか 独自の世界観を持って…
  2. shikaku

    人気資格口コミ比較

    さまざまな分野での専門知識やスキルの証明となる「資格」。自分のステータスとしても、何か1つくらいは持…
  3. リフレクソロジー

    リフレクソロジー資格人気資格比較

    そもそもリフレクソロジーって何? 皆さんは、リフレクソロジーって何?と聞かれて上手く説明することが…
  4. cad

    CAD資格口コミ比較

    建築関連のお仕事に欠かせない存在のCAD。現在はCADと一口に言ってもさまざまな種類があり、建物、設…
  5. 紅茶

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう 普段から紅…
ページ上部へ戻る