米国NLP協会認定 NLPプラクティショナー

shikaku

米国NLP協会認定NLPプラクティショナー資格とは

NLPは、R.バンドラー博士らによって開発された新しいコミュニケーション心理学。米国NLP協会公認の養成講座で学ぶことで取得できる。資格取得後は、コミュニケーションの達人となり、セールススキルの向上、目標の実現化などあらゆる職種に活用できる。

米国NLP協会認定NLPプラクティショナーの仕事内容

自分自身も相手からも可能性を最大限に引き出せるようになり、ビジネス、教育、医療、セラピー、研修、コンサルティングなど、さまざまな分野で能力を発揮できる。

受験資格

養成講座の100%の出席と内容の理解が求められ、トレーナーのチェックを受けて資格認定がされる。

受験費用

認定コースは全7~10日間で40万円程度(認定料含む)。

試験時期

初級(プラクティショナー)、中級(マスタープラクティショナー)は、全国各地で随時開催。

学習方法

NLPの豊富なスキルを各コースで体験的に習得。効果的な対話の仕方。問題の解決方法、プレゼンの技法、セラピースキルなどについて実習を通じて、実践的に学んでいく。

資格団体

リチャード・バンドラー博士米国NLP協会

関連記事

資格ランキング

  1. スパイス

    スパイスにこだわっている方にお勧めのスパイス香辛料ソムリエの資格

    スパイスにこだわっている方にお勧めのスパイス香辛料ソムリエ(スパイスソムリエ)の資格 …
  2. 睡眠快眠

    睡眠・快眠・安眠資格口コミ比較

    仕事も遊びも、体が資本。健康より大切なものはありません。そして健康を保つために欠かせないのが、毎日の…
  3. 睡眠快眠

    快眠の資格で、安眠したい人や睡眠不足に悩む人を助ける仕事に就こう

    快眠の資格で、安眠したい人や睡眠不足に悩む人を助ける仕事に就こう 現代社会では…
  4. デッサン

    デッサン資格口コミ比較

    デッサンとは、主に鉛筆やコンテ、木炭などを使って、黒一色の濃淡のみで対象物を描いた絵を言います。デッ…
  5. インテリアデザイナー

    インテリア資格口コミ比較

    インテリアとは「室内装飾」という意味ですが、現在は言葉通りの部屋の装飾(壁、カーテンなど)だけにとど…
ページ上部へ戻る