特定ファシリティマネジャー

shikaku

特定ファシリティマネジャー資格とは

快適で機能的な職場を実現するために、職場のデスクやコンピュータ、さらには社屋、不動産など、企業のあらゆる施設・設備(ファシリティ)を有効活用する。会社の施設・設備のマネジメント、業務改善に貢献する資格として注目度が高い。試験に合格した後、協会HPより資格新規登録申請を行うことで「認定ファシリティマネジャー」の称号を付与される。

特定ファシリティマネジャーの仕事内容

職場環境を改善し、生産性アップを狙うため、経営部門でも活躍できる。

受験資格

特にないが、合格後の登録資格は学歴によって異なる。大卒なら実務経験3年以上。

受験費用

受験料は2万1600円。。合格後、登録手数料として1万800円かかる。登録の有効期間は5年間。

試験時期

毎年7月に実施される。

学習方法

主催団体である協会からファシリティマネジメントに関する解説集や問題集が出されているので、それを使って勉強する。資格更新時には、更新講習を受講する必要がある。

資格団体

公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会

関連記事

資格ランキング

  1. メンタル心理

    テレビでもよく目にする「心理カウンセラー」の資格とは

    テレビでもよく目にする「心理カウンセラー」の資格とは 昔からテレビでも頻繁…
  2. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶のことをきちんと理解している人が認定されるのが、日本茶セレクターの資格です。日本茶セレクター認…
  3. 食育

    管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

    ビタミンなど、健康的な体を維持する為に欠かせない栄養について、正しい知識を持った人物として認めてもら…
  4. pop

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう!

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう! POPライター…
  5. タイ古式マッサージ

    タイ古式整体資格人気資格比較

    タイ古式マッサージはヨガ・指圧・整体などの流れをくんでおり、タイの伝統医学の一つです。その歴…
ページ上部へ戻る