国家公務員

shikaku

国家公務員資格とは

民間企業のように、利益の追求を主たる目的とするのではなく、国民全体のために仕事をする国家公務員。そのやりがいや、景気にあまり左右されず一定の報酬が期待できることから、人気は高い。国家公務員になるための最も一般的試験が国家公務員試験で、2012年度に制度が大幅に変更された。まず、Ⅰ種試験、Ⅱ種試験、Ⅲ種試験を廃止し、総合職試験と一般職試験に再編。総合職試験には企画立案力に焦点をあてた「教養区分」が、一般職試験には「社会人試験(係員級)」が設けられている。また総合職試験には、大卒程度試験のほかに、院卒者試験を創設。さらに専門職試験というカテゴリーを設け、従来からある国税専門官などを含めるほか、新たに皇宮護衛官、法務省専門職員、財務専門官、食品衛生監視員の職種を対象とした採用試験を行う。さらに、民間企業などでの職務経験をもつ人を係長以上の職に採用する経験者採用試験も設ける。この変更により、新たな人材供給源を確保するとともに、多様な人材を採用したい考えだ。

国家公務員の仕事内容

最近は行政の仕事でも「顧客満足」が考慮されるようになり、民間企業を経験した既卒業者も歓迎されている。利益重視ではなく社会のために働く充実感や、安定した収入と勤務条件の高さを求めて転職する人も多いようだ。社会人が受検するなら、希望する分野を絞り、前職と関連づけた志望動機を語れると強い。当然ながら「待遇がいいから転職したい」だけでは通用しないのだ。ちなみに国家公務員一般職の試験に合格し採用されると、中央の官公庁か地方の出先機関で働くことになる。基本的にはデスクワークが中心のゼネラリスト的な職種で、約2年ごとに異動する。仕事内容や勤務状態は配属先によって大きく異なる。

受験資格

試験以下の区分によって年齢制限の規定は異なる。院卒者試験以外では学歴は問わされない。
国家公務員総合職は、大卒程度試験は21歳以上30歳未満。大卒(見込)の者や教養区分は20歳の者も可。院卒者試験は30歳未満で大学院修了(見込)の者。
国家公務員一般職は、大卒程度試験は21歳以上30歳未満。ただし、大学・短大卒業(見込)なら21歳未満でも可。ほかに高卒者試験もある。
国家公務員経験者は、民間企業等における有為な勤務経験を有する者。詳細は対象となる官職をふまえ、試験ごとに設定。
法務省専門職員(人間科学)は、矯正心理専門職、法務教官、保護観察官は21歳以上30歳未満。40歳未満の者を対象にした社会人採用もある。
外務所専門職員は、21歳以上30歳未満の者。ただし大学・短大・高専卒(見込)の者は21歳未満でも可。
財務専門官は、21歳以上30歳未満の者。ただし大学・短大・高専卒(見込)の者は21歳未満でも可。
国税専門官は、21歳以上30歳未満の者。ただし大卒(見込)の者は21歳未満でも可。
労働基準監督官は、21歳以上30歳未満の者。ただし大卒(見込)の者は21歳未満でも可。
航空管制官は、21歳以上30歳未満の者。ただし大学・短大・高専卒(見込)の者は21歳未満でも可。
刑務官は、刑務A・B、刑務A・B(武道)とも17歳以上29歳未満。刑務A・B(社会人)は40歳未満。
国立国会図書館職員は、総合職・一般職(大卒程度)は20歳以上29歳未満。20歳未満でも総合職は大卒(見込)、一般(大卒程度)は大学・短大・高専卒(見込)者可。
裁判所職員総合職・一般職(事務官)は、大卒程度試験は21歳以上30歳未満。総合職は大卒(見込)、一般職は大・短大卒(見込)なら21歳未満も可。院卒者試験は30歳未満で大学院修了(見込)者。
裁判所職員は、大卒程度試験は21歳以上30歳未満。大卒(見込)の者は21歳未満の者も可。院卒者試験は30歳未満で大学院修了(見込)の者。

受験費用

受験料は無料。1次試験は23都市、2次試験は9都市で行われるので、受験地までの交通費が必要。

試験時期

15年度の総合職は、5月24日(日)に1次試験を実施。10年度からインターネット申し込みが導入された。

学習方法

民間のスクールや通信講座ではさまざまな公務員講座が開講されている。総合職の場合、最低でも1年以上の学習が必要で、2年、3年と勉強して合格する人も多い。

資格団体

(国家公務員、法務省専門職員、財務専門官、国税専門官、食品衛星監視員、労働基準監督官、刑務官、航空管制官)人事院各地方事務局
(外務省専門職員)外務省大臣官房人事課採用班
(国立国会図書館職員)国立国会図書館総務部人事課任用係
(裁判所職員)最高裁判所事務総局人事局任用課試験第二係

関連記事

資格ランキング

  1. タイ古式マッサージ

    タイ古式整体資格人気資格比較

    タイ古式マッサージはヨガ・指圧・整体などの流れをくんでおり、タイの伝統医学の一つです。その歴…
  2. キャンドル

    キャンドルの手作りを極めてキャンドルデザイナーという資格を取ろう

    キャンドルの手作りを極めてキャンドルデザイナー(キャンドルデザイナー)という資格を取ろう …
  3. 和菓子

    和菓子ソムリエ認定試験口コミ評判

    和菓子は、茶室や自宅など、様々な場所で美味しく頂くことができる日本のデザートです。和菓子の世界は奥が…
  4. shikaku

    プチ稼ぎできる資格口コミ比較

    「主婦なので大きな収入は望まないけど、自由に使えるお小遣い程度を稼げる仕事ができたら……」そう思って…
  5. shikaku

    人気資格口コミ比較

    さまざまな分野での専門知識やスキルの証明となる「資格」。自分のステータスとしても、何か1つくらいは持…
ページ上部へ戻る