着物着付け方資格人気資格比較

着物資格

着物の気付けができるようになると?

皆さんは、着物の着付けはどのようにされていますでしょうか?大体の方々は、美容院を予約して着物の着付けをしてもらうのが一般的だと思います。着物というと日本文化を代表する伝統的な物として有名ですし、海外でもさまざまな国の人達から高い評価を受け、着物は着るアートとも言われています。その証拠に、日本に訪れた方々は実際に着物を着てみられる方が多いようです。日本でも、着物を着ているというだけで、思わず見てしまいますし、素敵な着物だったりすると振り返って見てしまったりしますよね。ただ、着物はどうしても自分で着るのがとても難しいイメージがあり、又着物を着ると帯が苦しいとか着物を着ていく場所や機会が限定されてしまうといったネガティブなイメージがあるのも事実です。着物の着付けを自分でできるようになればどうでしょうか。そういったネガティブなイメージも消え着物を着ていく機会も自然と増え、日本の伝統を楽しみ、海外の方々にももっとアピールできるので今よりももっと着物女子を楽しむことができたらとても素敵ですよね。今回は、そんなト着物の着付けに因んだ人気資格の比較について紹介していきたいと思います。

★着物マイスター

堂々と★に輝いたのは着物マイスターでした。着物の歴史、着物の種類、帯の種類、結び方、着物のお手入れ方法、着物のたたみ方、着物の買い方等着物に関するさまざまな知識を十分有していることが認定される資格となっています。具体的には、平安時代から明治時代までも着物の歴史や、黒留袖・色留袖・振袖・訪問着等の選び方や、着物の基本である帯の種類や結び方、そして着物に合ったメイクやヘアスタイル等の知識を有していることが認定されるので価値ある資格となります。受験資格は特にありませんので、誰でも受験することが可能となっています。受験の申し込みもインターネットからすることができますので、わざわざ記入してポストに申し込み用紙を投函する手間も省けるので面倒になりません。試験も2カ月に一度行われていますので、興味のある方はすぐに申し込みましょう。

着付け方インストラクター

続いてにランク入りした着付け方インストラクターですが、資格を取得をすると着付け方インストラクターとして自宅で教室を開いたり、カルチャースクール等で講師として活動することが可能となります。着付け方インストラクターは、季節・天候・イベントに合った着物の着方、着物の各部名称、着物の仕立てまで着物に関する基本的な知識を十分に理解していることが認定される資格です。着付け方インストラクターは、受験資格が特にありませんので、資格を取りたいと思ったら、すぐにでも受験することが可能となります。受験方法も在宅受験となっていますので、試験を受験したいが仕事が忙しくてといった人にも無理なく進められる資格となっています。

着付け技能検定

にランク入りしたのは着付け技能検定です。厚生労働省が定めた働く上で身につける、又は必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度の一つとなっています。着付けの技能検定は、他人に着物を着付ける業務(他装)に必要な技能を対象としており、レベルは1級、2級があり学科試験と実技試験があります。試験に合格すると、1級は厚生労働大臣名、又は2級は一般社団法人全日本着付け技能センターの理事長名の合格証書が交付されることになります。受験資格は、実務経験が必要で2級は他装又は着付け指導の業務に携わった経験が2年、1級は他装又は着付け指導の業務に携わった経験が5年必要となりますが、この年数は各種教育機関の修業時間により軽減されることがあります。

  きものコンサルタント

きものコンサルタントは、着物の専門家として知識と技術を有していることが認定される資格です。取得後は、着物教室を開いたり、日本文化を国内外に広めるために役に立つ資格となります。試験を受験するには、2年以上の実務経験もしくは教室等で220時間以上の教育機関が必要となります。1次試験は筆記試験となっており、服飾史の概要、きものの種類、帯の種類、小物の種類、2次試験は実技試験となっており、きものコンサルタント職務遂行上の実技、説得能力、指導能力(話法)、きものコンサルタントとしての演出能力となっており、内容はとても本格的なものとなっています。試験は年に一度開催されており、着物に関するさまざまなことを学び、仕事に活かした伊という方には有意義な資格となります。

着付け師

身に付けたら一生ものの技術といわれる着付け師ですが、資格がないからといって働けないとうことはありません。ただ、就職をする際にも、即戦力を求められる場合は資格を持っていたほうが有利になるのは間違いありません。全日本着付け技能センターが認定を行っている資格で、2級着付け技能士と1級着付け技能士があります。着付け技能士を取得するには経験も必要となります。2級であれば2年以上、1級であれば5年以上の実務経験が必要となり試験も筆記試験があります。本格的な試験となりますので、それなりの準備が必要となります。

以上が着物着付け方資格人気資格比較の結果です。いかがでしたでしょうか?最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
着物着付け方資格着物着付け方資格

関連記事

資格ランキング

  1. cad

    CAD資格口コミ比較

    建築関連のお仕事に欠かせない存在のCAD。現在はCADと一口に言ってもさまざまな種類があり、建物、設…
  2. ガーデニング園芸

    園芸やガーデニングが好きな人ならぜひ取得したい人気の資格

    園芸やガーデニングが好きな人ならぜひ取得したい人気の資格 庭いじりが好きな…
  3. 音楽療法士

    音楽資格口コミ比較

    「趣味は音楽」という方は多いと思います。じっくり音楽鑑賞が好きだという方もあれば、自ら楽器を演奏する…
  4. 食育

    管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

    ビタミンなど、健康的な体を維持する為に欠かせない栄養について、正しい知識を持った人物として認めてもら…
  5. 紅茶

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう 普段から紅…
ページ上部へ戻る