ピラティス資格人気資格比較

ピラティス

そもそもピラティスって何?

皆さんは、ピラティスって何?と聞かれて上手く説明することができるでしょうか?ヨガと似ているような感じ?というようになんとなくのイメージはあると思いますが、きちんと説明できる人は多くないと思います。又、ヨガとは違うと知っていても、どのように違うかを説明できる人も少ないと思います。ピラティスは、リハビリとして第1次世界大戦時に体系付けられたトレーニング手法で、解剖学を元にしており、正しい骨格を意識した体幹の筋肉を鍛えるインナーマッスルトレーニングともいえます。ヨガは、今でこそ健康法として知られていますが、元来はインドの宗教観に基づく修行や治療法として、思想や瞑想により悟りを学ぶことを目的としています。呼吸とストレッチを中心に筋肉を強化するヨガは、骨格を意識し体幹の筋肉を鍛えることを目的としているピラティスとは似ているようで根本的に違います。今回は、そんなトレーニング手法のピラティスに因んだ人気資格の比較について紹介していきたいと思います。

★ピラティスセラピスト

栄えある★に輝いたのはピラティスセラピストでした。資格を取得すると、カルチャースクールや自宅等で講師として活躍できるこの資格は、ピラティスの基本的な知識はもちろんのこと、呼吸法・心のコントロール方法等も重要となりますが、集中力や創造力、体の動かし方の理解も必要となってきます。エクササイズ以外の知識としては、睡眠・食事・姿勢等の日常生活では意識することがなかなか難しい正しい姿勢・又その改善点等の知識も求められます。学習方法としては、資格認定に対応している書籍は販売されておらず、独学では限界があることから、通信講座を利用することが効率的に資格を取得できる方法となっています。受験資格が特にないことから、インターネットから受験申請を行えるので、すぐにでも学びたい人は手続きを行いましょう。

ピラティスインストラクター

続いてにランク入りしたピラティスインストラクターですが、ピラティスエクササイズに関する基礎知識を持っていることを認定される資格です。ピラティスの効果や必要な基本の動きを理解していることの証になりますので、取得後は、ピラティスインストラクターとして自宅やカルチャースクールで講師として活躍することが可能となります。学習方法としては、ピラティスエクササイズに関する書籍は販売されてはいるのですが、その数は実際はかなり少ないので、独学より通信講座を利用したほうが、効率的に資格を取得できることになります。受験資格が特にないことから、インターネットから受験申請を行えるので、学びたい人は思い立ったら吉日ですぐにでも手続きを行いましょう。

ピラティスマットインストラクター

にランク入りしたのはピラティスマットインストラクターです。ピラティスは、負傷した兵士のリハビリ用に考案されたもので、ベッドの上でもできるように考えられたエクササイズです。スポーツクラブ等でマットを床に敷いてエクササイズするのが一般的となっています。マットだけあればスポーツクラブや自宅等でも直ちにスクールを開くことが可能となります。資格は、ピラティスマットとピラティスマットマシンの二つがあるのですが、資格の取得期間、費用等を考慮すると、ピラティスマットインストラクターの方がお勧めの資格となります。

ピラティスマシンインストラクター

ピラティス用に考案された専用のマシンを使用して行うスタイルで、別名イクイップメントピラティスとも呼ばれています。専用のマシンを使用することで、ピラティス初心者の方、年配の方、ケガ等で体の一部に不調のある方、特定の部位を強化したい方等、それぞれの目的に応じ効率的にエクササイズをすることが可能です。ただ、マシンが高額であったり、大がかりなマシンはグループでのエクササイズに不向きであることも事実です。ピラティスマットインストラクターを取得をしていて、もっとレベルアップしたいと言う人向けの資格であります。

IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクター

IBMA(国際ボディメンテナンス教会)が発行するピラティスインストラクターの資格です。ピラティスの動きを理解し習得するのはもちろんのこと、その動きが実際はどこにどのように効果があるのか等を講師が骨格の模型や体を使用して、理論と共に解説するので理解がさらに深まります。実際に自分のボディで感じつつ、頭と体両方で学ぶコースなので現場で活躍するインストラクターを目指すことができます。ピラティスの歴史から、ピラティスのさまざまな動きについて学べる内容の濃いコースとなっており、最短資格取得時間は27時間で、認定試験を受講するのは16単位すべてを取得する必要があります。又、IBMAコース受講には、IBMA個人会員登録が必要となります。基礎からじっくり学んで習得したいという方にお勧めの資格となっています。

以上がピラティス資格人気資格比較の結果です。いかがでしたでしょうか?最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

ピラティス資格ピラティス資格

関連記事

資格ランキング

  1. 音楽療法士

    音楽資格口コミ比較

    「趣味は音楽」という方は多いと思います。じっくり音楽鑑賞が好きだという方もあれば、自ら楽器を演奏する…
  2. 和菓子

    和菓子ソムリエ認定試験口コミ評判

    和菓子は、茶室や自宅など、様々な場所で美味しく頂くことができる日本のデザートです。和菓子の世界は奥が…
  3. shikaku

    使える資格口コミ比較

    せっかく授業料を払って一生懸命勉強して資格を取得しても、それを生かす場がなければ「宝の持ち腐れ」にな…
  4. 睡眠快眠

    睡眠・快眠・安眠資格口コミ比較

    仕事も遊びも、体が資本。健康より大切なものはありません。そして健康を保つために欠かせないのが、毎日の…
  5. ビジネスマネジメント

    ストレスカウンセラー口コミ評判

    ストレスカウンセラー認定試験とは ストレスカウンセラー認定試験とは日本メディカル心理セラピー協会(…
ページ上部へ戻る