筋トレ資格人気資格比較

筋トレ

身体を鍛えたいと考える人はまず筋トレのことを考えると思います。しかし筋トレほど個人に合わせて行わなければならない物はありません。足を痛めているのに足の筋トレをしても効果が得られません。
むしろ足の怪我を悪化させることにもなるのです。今回ご紹介するのは筋トレに関する資格についてです。鍛えたい人、ダイエットしたい人にピッタリの資格ばかりなので参考にしてみてはいかがでしょうか。

★ 筋トレインストラクター

筋トレインストラクターは筋トレの方法だけではなく、筋トレ時に使用する道具や器具の使い方、基本的なメニューから応用編まで効率的にトレーニングを行える知識を有した人が認定される資格です。資格取得後はジムなどで筋トレインストラクターとして活躍出来ますから、手に職をつける意味で資格取得を目指す人は少なくありません。
個人に合った筋トレ方法を提示できるだけではなく、それらで効果がない場合は何が悪いのかもきちんと考えて答えを出さなければなりません。どのような状況にも対応できる臨機応変な考えも必要となってきます。視野の広い人、トレーニングをするのが好きな人に向いている資格と言えますね。

トレーニングサポーター

筋トレインストラクターと似ているかもしれませんが、こちらのトレーニングサポーターは全体の筋力トレーニングに関する知識を有している必要があります。プロテインの選び方やトレーニング後のストレッチなどトレーニングに関して特化した知識が求められます。
有酸素運動についてもどのタイミングで行うべきか、体調に合わせたトレーニングを提示出来るかなどトレーニングを行う人が身体を壊さないよう、きちんと知識に基づいた提案が出来る人が認定される資格です。もちろんトレーニング方法は個人差が出ますから、その人に合ったトレーニングをサポートする必要があります。

ダイエット検定ダイエットアドバイザー

ダイエット検定とは健康や体重管理を目的とした食事療法のことです。体重を減らすことばかりを考えるのではなく、きちんとした食事方法を取ることを教えてくれます。近年は芸能人など著名人も多く取得している資格です。
どのような食生活をすれば肥満に繋がるか、肥満を防ぐためにどんな物を食べればいいかなどの知識も得られるのでダイエット目的の人だけではなく、食生活を見直したい方にも人気のある資格です。

インナービューティーダイエットアドバイザー

インナービューティーダイエットの基礎を学ぶことが出来る資格です。栄養学や腸トリートメントなどで腸内環境を良くして、無理のないダイエットを行っていくことを推奨する資格でもあります。
ダイエットをするなら食事内容や生活リズムを見直すべきと言われており、インナービューティーダイエットアドバイザーでは基礎的な知識だけではなく、ダイエットのメカニズム、ダイエットに特化した料理のレシピも学べるので美容業界の方だけではなく主婦にも人気があります。良い食生活は身体も心も健康にしてくれるので、日常生活にも活かすために資格取得を目指す人も少なくはありません。

今回は筋トレに関する資格についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?
筋トレのイメージは男性の方が強かったのですが、近年はダイエット効果のこともあり、多くの女性が筋トレを行うようになってきました。ダイエットが女性だけではなく男性も行うように、それぞれに男性や女性などの境界がなくなりつつあるのかもしれませんね。ダイエット目的の方はやの資格の方がオススメ出来ますが、身体を鍛えたい方は
★との資格をオススメします。自分が行いたいことに合わせて資格取得をするようにしてくださいね。どの資格も日常生活で役に立つものばかりなので取得しておいて損はありません。心も身体もスキルアップできるよう、自分の身体を大切にしてください。
筋トレ筋トレ

関連記事

資格ランキング

  1. ハーブ講座

    ハーブの効能効果を勉強してメディカルハーブの資格を手に入れよう

    ハーブの効能効果を勉強してメディカルハーブの資格を手に入れよう ハーブティ…
  2. shikaku

    使える資格口コミ比較

    せっかく授業料を払って一生懸命勉強して資格を取得しても、それを生かす場がなければ「宝の持ち腐れ」にな…
  3. ハーブ講座

    ハーブ資格口コミ比較

    ハーブ(herb)とは一般的に、人の生活に役立つ植物の総称です。その使われ方はさまざまで、お料理の香…
  4. カラーセラピー

    カラーセラピー資格口コミ比較

    「カラーセラピー」って言葉、ご存知でしょうか。聞き慣れないという方も多いかもしれませんね。カラーセラ…
  5. shikaku

    人気資格口コミ比較

    さまざまな分野での専門知識やスキルの証明となる「資格」。自分のステータスとしても、何か1つくらいは持…
ページ上部へ戻る