洋食エキスパート口コミ評判

洋食

食事の種類として和食、洋食などがありますが、日本の洋食はオリジナルの西洋料理からかなり独自の進化を遂げており、日本のカレーのように別物として扱われつつある事実があります。

日本にはもはやなくてはならない食文化となっており、子供の好きな料理として必ずトップ付近に挙げられるものといえばハンバーグですし、生活の一部として認識されていますよね。

今回はこの洋食に関するお話と、需要が上がりつつある洋食エキスパートという資格の口コミや評判をご紹介していきます。

洋食の発祥

多くの方が認識している通り、日本での洋食のはじまりは鎖国が終わった幕末から明治への移行の時となっています。
それまでの日本では一般的に肉食は避けられていた傾向があり、牛や豚を食肉として扱うようになったのはここからとされています。

欧米諸国と比べて日本人は体格に優れているとは言えませんが、これはこういった食肉に対して後進だった事が大きな影響として現在まで響いているとされています。

また、進化論でも人類にとって食肉は脳を大きくする効果があるとされており、情報が封鎖されていた鎖国時代は文化を保存した大きなメリットがあった反面、こういった面でデメリットを残していました。

このように伝わった当初は習慣として根付くのは難しいように思われますが、当時の政府が体格の向上を目的として食肉を積極的に奨励したり、天皇自らが肉を含む食事を摂る等して急速に食肉、ひいては洋食文化を普及させていきました。

元々西洋料理は日本では高級な食事とされていましたが、大衆食堂や料理店で扱われるにつれ、日本で独自に発展していく洋食として進化を遂げていくことになります。

洋食の基本

では一体、何をもって洋食とするかはご存知でしょうか。
広い意味では西洋風の料理すべてを指しますが、細かく区分けしていくと「日本でアレンジされた西洋風の料理」が洋食となります。

また日本洋食協会での定義は「米飯に合わせて食す」とされているため、正に日本の洋食はこれに当てはまりますね。

冒頭で触れたカレーライスも元々はインド料理が起源となっていますが、イギリスを経由して日本に伝わり、更に日本で独自の発展をしたことで洋食として扱われており、ジャパニーズカレーとして世界に逆に発信するほどの進化を遂げています。

基本的に洋食は西洋料理の調理法を踏襲しているものが大半ですが、国内においては当然日本人に合わせたものが主流なため、一般にされている料理法が基本骨子として据えられています。

焼く、煮る、揚げる等の調理法を一通り分かる方なら和洋問わず学べるため、西洋料理とは違って気軽に学習していけるものとして世間に浸透している文化です。

洋食エキスパート認定試験概要

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価

さて、洋食エキスパートと聞いて何をイメージするでしょうか。料理のプロという事で調理師等の敷居の高さを感じるでしょうか?
実際のところこの資格には料理業界での勤務実績や、専門学校での学習経歴は何も必要とされていないため、非常に敷居が低い資格となっているため、それが要因で口コミで評判を集めています。
取得者はやはりというか、料理に熱心な主婦の方が非常に多く、基本的な知識を更に深めていきたいといった目的のために取得さ
れたという口コミを多数見ることができます。

逆に元々調理師として働いているような方の取得はあまり目立たず、稀に見る取得者は別ジャンルの知識を取り入れたいといった目的のために取得したという方でした。

敷居の低さが魅力の資格ですが、就職活動の時にも関連業界では非常に強い効力をもつ資格となっているため、そういった年齢層の方にも評判がよく、とりあえずでも取得できる点は大きな特徴として口コミでも広がっています。

さて、洋食に関して詳しくなりたい方や更なる進歩を目指す方にはオススメの洋食エキスパート、これを機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
洋食洋食

関連記事

資格ランキング

  1. メンタル心理

    テレビでもよく目にする「心理カウンセラー」の資格とは

    テレビでもよく目にする「心理カウンセラー」の資格とは 昔からテレビでも頻繁…
  2. 紅茶

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう

    紅茶が好だったり喫茶店経営が夢なら紅茶マイスターの資格をとろう 普段から紅…
  3. ビジネスマネジメント

    ストレスカウンセラー口コミ評判

    ストレスカウンセラー認定試験とは ストレスカウンセラー認定試験とは日本メディカル心理セラピー協会(…
  4. 睡眠快眠

    睡眠・快眠・安眠資格口コミ比較

    仕事も遊びも、体が資本。健康より大切なものはありません。そして健康を保つために欠かせないのが、毎日の…
  5. cad

    CAD資格口コミ比較

    建築関連のお仕事に欠かせない存在のCAD。現在はCADと一口に言ってもさまざまな種類があり、建物、設…
ページ上部へ戻る