絵画インストラクター認定試験口コミ評判

デッサン

絵画インストラクターとは?

絵画インストラクターとは、デッサンやスケッチといった、イラストを描く技法や道具についての専門知識を持ち、実際にデザインやスケッチの技術を持っている人のことです。絵画インストラクターは、デッサンを学ぶ人に技術を教えることのできる能力を持っています。絵画インストラクターを目指す人は、今の自分の能力を更にアップさせたい人や、デッサンを専門的に学びたいという人におすすめです。

デッサンと言うのは簡単なようで非常に難しく、物の特徴や光の当たり方などをしっかり認識する能力や必要になります。集中力が養われ、デッサンを通した自己表現により、ストレス解消や自己啓発にもつながります。そのため、今デッサンは非常に人気です。絵画インストラクターになることで、カルチャーセンターの講師などの仕事に就き、デッサンを教えている人もいます。

絵画インストラクター認定試験とは?

絵画インストラクターは、デッサンやイラスト、スケッチについて高いレベルの知識と技術が必要です。日本インストラクター技術協会が認定している絵画インストラクター認定試験は、デッサン対象を陰影などを用いて描写するための方法や、スケッチにより対象物のイメージをしっかり絵にするための技術を問われます。これから先もっと絵が上手くなりたいという人にはぴったりの資格です。デッサンやスケッチに関する幅広い知識と技術を学べるため、活躍の場は様々です。

絵画インストラクター認定試験を受験した人の口コミと評判

これまでずっと続けていたデッサンやスケッチの能力を生かし、何か資格が取れないだろうかと考えていました。絵画インストラクター認定試験を見つけて、今の自分にぴったりなのはこれしかないと思い受験を決意しました。ずっと独学でやってきたので、基礎力を問われる絵画インストラクターの試験は、非常に役に立ちました。

絵画インストラクター認定試験の受験について

絵画インストラクター認定試験は、年に6回受験のチャンスがあります。絵画インストラクター認定試験は、偶数月に受けることができます。絵画インストラクター認定試験の申込は、日本インストラクター技術協会のホームページから行います。申し込み完了後に試験問題と解答用紙が届くので、その際に受験料の10,000円を代金引き換えで支払います。試験は引き試験も実技試験も在宅で行われます。そのため、慣れた環境でリラックスして試験を受けることができると人気です。

絵画インストラクター認定試験の難易度

絵画インストラクター認定試験では、知識を問われる問題と、実技の技術を見る問題の大きく分けると二つの分野の問題が出題されます。鉛筆デッサンについての知識は、道具や紙の扱い方だけでなく陰影のつけ方などに関する理論的な知識も求められます。実技に関しては、実際に石膏像などのデッサンを行い、そのレベルが評価されます。しっかりとバランスが取れているかといった細かい点まで見られます。絵画インストラクターは、デッサンを他人に教えることができる資格でもあるため、非常に厳しい試験です。しかし、難易度自体は比較的低く、全体の70%以上の正答で合格が約束されています。絵画インストラクターの資格は今後ますます人気が上がる事が予想されるので、今のうちに取得する事をおすすめします。
絵画インストラクター認定試験
デッサン通信教育デッサン通信教育

関連記事

資格ランキング

  1. 食育

    管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

    ビタミンなど、健康的な体を維持する為に欠かせない栄養について、正しい知識を持った人物として認めてもら…
  2. デッサン

    デッサン資格口コミ比較

    デッサンとは、主に鉛筆やコンテ、木炭などを使って、黒一色の濃淡のみで対象物を描いた絵を言います。デッ…
  3. pop

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう!

    イラストが好きなら、POPデザインライターの資格を取ろう! POPライター…
  4. デッサン

    デッサンを極めたい人も上手になりたい人にも鉛筆デッサンマスターの資格

    デッサンを極めたい人も上手になりたい人にも鉛筆デッサンマスターの資格 絵が…
  5. キャンドル

    キャンドルの手作りを極めてキャンドルデザイナーという資格を取ろう

    キャンドルの手作りを極めてキャンドルデザイナー(キャンドルデザイナー)という資格を取ろう …
ページ上部へ戻る