福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判

福祉資格

福祉心理カウンセラーとは

福祉心理カウンセラーとは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が試験と認定を行っている資格です。

福祉心理カウンセラーと言ってもどのような資格なのか、どのような場面で役立つのかわからない方が多いと思います。

ここからは具体的にどのような資格なのか説明していきたいと思います。

福祉心理カウンセラーってどんな資格なの?

福祉に関する知識とともに心理学の基礎知識を持ち、色々なストレスが原因で起きる症状を理解しており、カウンセラーとして依頼者の抱える悩みや問題に対して福祉と心理学の知識と技術を活かして相談にのり解決への援助活動ができる水準であると認定される資格です。

介護福祉、社会福祉、児童福祉など、様々な福祉があります。

様々な福祉に関わる人たちがより良い状態で仕事や生活が出来るよう力になる資格です。

どの様な場面で必要とされるの?

高齢者の介護をご自宅でされてる方が毎日の生活と介護で心も体も疲れてしまっている方、介護施設などで介護のお仕事をされている方、また介護を受けている高齢者の方、どちらの立場の方も疲れや悩み、ストレスを感じる事があると思います。

児童福祉でもシングルマザーで育児の問題で悩みを抱えている方もいると思います。

福祉に関わる全ての方が悩みや問題を抱えている可能性があります。

そのような悩みやストレスを相談にのり、状況の改善へのアドバイスを行い、ストレスによって起こりうる症状の予防や軽減をできるように力になることが出来るのが福祉心理カウンセラーなんです。

福祉心理カウンセラー認定試験ってどんな試験?

日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が試験と認定を行っています。

試験の為の勉強は通信講座を使用して学習する方が多いそうです。

忙しい毎日でも少しずつ、自分のペースで勉強できるところが魅力だそうです。

通信講座を修了し受験資格を得て福祉心理カウンセラー認定試験を受験するか、

通信講座の内容によっては講座の終了認定を得ることで資格認定となります。

試験を受験するには、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)のサイトから申し込みができます。そして試験自体も在宅でで受験できます。

申し込み後に日本メディカル心理セラピー協会から受験票・試験問題・解答用紙が届きます、それを試験期間中に回答したものを返送します。

試験は2か月に一度、合格発表までは約1か月です。受験費用は一万円です。

合格の基準は試験で70%以上の評価を得られる事です。

自分のペースで学習できる・在格で受験可能・二か月に一度の試験で受験しやすい、と毎日忙しくされている方にも挑戦しやすい資格ではないでしょうか。

福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判は?

・テキストに沿ってきちんと学習することで取得可能な資格であること。

・お忙しい方にも挑戦しやすい環境が整っていること。

・すでに福祉介護などの仕事をされている方がスキルアップできること。

・就職・転職活動でのアピールができること。

・介護する側だけでなく、介護される方のストレスのケアをできるようになること。

この様な理由から、福祉心理カウンセラー認定試験は資格取得を目指す方々に高い評価を得ています。

資格取得を考えている方、福祉心理カウンセラーの資格を検討してみてはいかがでしょうか。
福祉心理カウンセラー福祉心理カウンセラー

関連記事

資格ランキング

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶のことをきちんと理解している人が認定されるのが、日本茶セレクターの資格です。日本茶セレクター認…
  2. キャンドル

    キャンドルの手作りを極めてキャンドルデザイナーという資格を取ろう

    キャンドルの手作りを極めてキャンドルデザイナー(キャンドルデザイナー)という資格を取ろう …
  3. 整理整頓

    「収納」「片付け」「断捨離」が得意な人も苦手な人も取りたい資格

    「収納」「片付け」「断捨離」が得意な人も苦手な人も取りたい資格 「こんまり…
  4. 空間デザイン

    空間をデザインする空間デザイナーとは

    空間をデザインする空間デザイナーとはどんな資格なのか 独自の世界観を持って…
  5. shikaku

    使える資格口コミ比較

    せっかく授業料を払って一生懸命勉強して資格を取得しても、それを生かす場がなければ「宝の持ち腐れ」にな…
ページ上部へ戻る