福祉資格人気資格比較

福祉資格

高齢化社会が進んだのは1970年代でしたが、21世紀に入り、今や超高齢化社会を迎えています。それに伴って、「人生65年時代」から「人生90年時代」と言われるようになりました。高齢化とともに「福祉」や「介護」などが大きな問題になり、関連する社会不安や犯罪まで、超高齢化社会は国家最大の問題の1つとして深刻な状況を招いています。

介護職は「きつい、給料が安い、汚い」の3Kと呼ばれています。そんな中で福祉・介護施設で働く人材不足が目立っています。特に問題なのは、介護がきつい労働であるにもかかわらず,給与が一般企業と比較して安いことです。正規職員の介護福祉士の月給は、手取りが15〜17万円前後で、年収は250万〜400万くらい。待遇改善は国の優先課題になっています。福祉・介護の見直しはこれから、否が応でも進まざるを得ません。

これから就職や転職を考えている人で、やりがいがあり、意気に感じる人は、この福祉関係の資格を取得することは、就職活動の大きな強みになります。さらに在宅介護などで役に立つ知識が学べる資格でもあります。福祉・介護業界と言っても、必要な資格はいろいろあります。自分の希望をよく考え、どのような介護資格を取るべきか、人気資格比較を良く検討して選ぶのが最善の道です。

比較★「福祉心理カウンセラー」資格

日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が認定する民間資格です。福祉に関する基礎知識や心理学の基礎知識、さまざまなストレスから起きる症状を理解し、カウンセラーとして活動するレベルに達している人を認定する資格です。資格取得後はプロのカウンセラーとして活動することができます。

ストレスがいっぱいの社会にあって、カウンセリングの知識は就職や地域活動だけでなく、家庭でも自分自身や家族のメンタルのケアに役立ちます。

受験資格は特にありません。受験料は1万円。インターネットで申し込み、在宅受験できます。合格基準は70%以上。試験は年6回開催されています。

日本メディカル心理セラピー協会

日本アロマメディカル心理セラピー協会


認定試験

福祉資格の福祉心理カウンセラー

比較「福祉心理アドバイザー」資格

日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する民間資格です。福祉についての基本的な知識やさまざまな心理に関する知識を備え、教える能力が一定以上であるとみなされた人を認定します。資格取得後は、福祉の現場で働くほかに、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

この資格が人気のある理由は、福祉や心理に関する基礎知識を学べるだけでなく、アドバイザーとして教える能力が身につくことです。

受験資格は特にありません。受験料は1万円。インターネットで申し込み、在宅受験できます。合格基準は70%以上。試験は年6回開催されています。

日本インストラクター技術協会
https://www.jpinstructor.org/
資格試験
https://www.jpinstructor.org/shikaku/fukushishinri/

比較「介護福祉士」資格

厚生労働省が認定する国家資格。試験は公益財団法人社会福祉振興・試験センターが実施しています。福祉関係の仕事に就きたい人にとって、この資格を取得することは大きな武器になります。

資格試験は、筆記試験と実技試験があり、合格率は60%を切ります。国家資格の中でも難易度が特に高い訳ではありませんが、やはり民間の資格と比較すると高めです。介護福祉士は介護に携わる資格の最上位の資格であり、介護施設などで最も望まれる資格です。試験は人間の尊厳と自立、介護の基本、コミュニケーション技術、生活支援技術、認知症の理解など介護を主体に広範囲に出題されます。

試験は年1回開催されます。受験費用は1万3140円。

社会福祉振興・試験センター

比較「福祉住環境コーディネーター」資格

福祉住環境コーディネーター協会が認定する民間資格。1級から3級まであります。高齢者や障害者にとっての住みやすい住環境を医療・福祉・建築の幅広い知識をもとにコーディネートする専門家のことです。検定試験は東京商工会議所検定センターで実施しています。介護の現場や建築・住宅に関する仕事をしている人にもお薦めの資格です。

受験料は1級1万800円、2級6480円、3級4320円。

福祉住環境コーディネーター協会
http://www.fjc21.org/
検定試験
http://www.fjc21.org/test/

比較「社会福祉士」資格

厚生労働省が認定する国家資格。試験は公益財団法人社会福祉振興・試験センターが実施しています。福祉に関する相談や介護を依頼することができる専門的能力を持つ人材を養成、確保し、増大する福祉ニーズに適切に対応する資格です。また在宅や施設における介護の充実強化を図ること、民間のシルバーサービス事業を健全に発展させ、国民の福祉を向上させることを目的としています。

資格試験の合格率は30%以下と言われ、難易度は高めです。受験資格も福祉関係の短大もしくは4年制大学を卒業し、実務経験も必要なことから、資格取得までの道のりは民間資格と比べて大変です。文字通り唯一の社会福祉士の国家資格であり、保険・医療、児童福祉、高齢者福祉、障害者福祉などの福祉サービス全般のソーシャルワーカーとしてやりがいのある資格です。

試験は年1回で、試験費用は7540円。

社会福祉振興・試験センター
http://www.sssc.or.jp/shakai/index.html

比較「保育士」資格

厚生労働省が所管する資格です。指定された一般社団法人全国保育士養成協議会の保育士試験事務センターが実施する試験を受けます。例えば2016年後期の試験は、2日間9科目の筆記試験があり、保育原理、児童家庭福祉、社会福祉、教育原理、社会的養護、子供の保健、子供の職と栄養、保育実習理論となっています。合格者に実技試験が続きます。

中卒か大卒まで学歴別に8つの受験資格があり、大学や専門学校を出ていないからと言って、諦めてはいけません。保育士不足だからという訳ではありませんが、取得しやすい国家資格と言えます。通信講座などもあって、どれでも挑戦することができます。

全国保育士養成協議会
http://www.hoyokyo.or.jp/exam/
試験(過去の試験問題も参照できます)
福祉心理カウンセラー福祉心理カウンセラー

関連記事

資格ランキング

  1. 食育

    管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

    ビタミンなど、健康的な体を維持する為に欠かせない栄養について、正しい知識を持った人物として認めてもら…
  2. カラーセラピー

    色彩の力で人の心を癒せるようになれる!お勧めの資格

    色彩の力で人の心を癒せるようになれる!お勧めの資格 現代社会に必要不可欠な…
  3. 音楽療法士

    音楽資格口コミ比較

    「趣味は音楽」という方は多いと思います。じっくり音楽鑑賞が好きだという方もあれば、自ら楽器を演奏する…
  4. フラワーアレンジメント

    フラワーアレンジメントの資格をとって花に囲まれた生活を手にしよう

    フラワーアレンジメントの資格をとって花に囲まれた生活を手にしよう 記念日や…
  5. ビジネスマネジメント

    ストレスカウンセラー口コミ評判

    ストレスカウンセラー認定試験とは ストレスカウンセラー認定試験とは日本メディカル心理セラピー協会(…
ページ上部へ戻る