スポーツ運動資格人気資格比較

ウォーキング

健康増進と言えばスポーツを想起します。高齢化時代に生きるお年寄りの健康志向も相まって、ジョギング中心に今や1億総スポーツの時代かも知れません。2020年東京オリンピックは、その傾向に拍車をかけます。

スポーツは、仲間同士で汗を流して楽しむことから始まります。カジュアルなウエアとかシューズを身につければ,気分もハイになります。しかし自己流が過ぎ、付け焼きの知識で運動をすると、気分が悪くなったり、足腰を痛めたりしては元も子もありません。インストラクターぶってほかの人を巻き添えにしたらもっといけません。スポーツ・運動によって、効率の良く体内の脂肪を燃やせば、筋肉も身につきます。筋肉の増加は基礎代謝の上昇につながります。

今注目されているのは、スポーツ運動資格です。この資格は、公益財団法人日本体育協会が「公認アスレティックトレーナー」資格を、日本生活環境支援協会、日本インストラクター技術協会なども資格を認定して、正しい知識を身につけ、的確にアドバイスできる人を養成します。アメリカではNATA(全米アスレテイックトレーナーズ協会)が行うアスレティックトレーナー公認資格がありますが、日本では国家資格はまだありません。

スポーツの現場や健康維持・体力づくりが必要な高齢者や子供のいる施設などで、専門的な知識を持ってスポーツ・運動をサポートできる人材は必要不可欠です。そのためにはNATAのような国家資格を作って、資格全体の質を高めたいものです。

比較★「ウォーキングアドバイザー」資格

日本生活環境支援協会(JLESA)が認定する資格です。ウォーキングの有酸素運動効果や心身に与える影響、健康増進やダイエット、生活習慣病の予防など、幅広い知識を身につけている人を認定する資格です。スポーツ・運動関連の仕事をしている人や健康に関する確かな知識を取得したい人などに人気の資格です。

ウォーキングはブームになっています。そのサイトの1つが皇居周辺であり、大勢の人がウォーキングしていますね。土曜、日曜になれば、近所の小川の側道はウォーキングする人であふれています。この資格は、楽しく、長続きするウォーキングをしたい人にお薦めです。きっと正しいスポーツ・運動の知識が習得できますよ!

受験資格は特になし。受験料1万円。インターネットから申し込み、在宅受験できます。合格基準は70%以上の評価。

日本生活環境支援協会
https://www.nihonsupport.org/

比較「歩き方インストラクター」資格

日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する資格。ウォーキングの効果などの知識を身に付けているだけでなく、その効果を理解し、ウォーキングするフォーム、個人に合った歩き方やペース、コースを考えて効果を高める歩き方を提案できる技能を身に付けていることを認定します。

正しい歩き方ができる人は、姿勢が良くなり内外面とも美しくなり、自信が持てます。その喜びをほかの人に伝える資格がインストラクターです。

受験資格は特になし。受験料1万円。インターネットから申し込み、在宅受験できます。合格基準は70%以上の評価。

日本インストラクター技術協会(JIA)
https://www.jpinstructor.org/
【試験名】

比較「スポーツインストラクター」資格

公益財団法人日本体育協会が認定する「スポーツ指導者」の「指導員」資格です。科学的根拠に基づく運動プログラムを作成、指導するために必要な知識を習得したと認められた人に与えられます。メジャーなスポーツからマイナーなスポーツまで、すべてのジャンルでこの指導者の出番です。その代表的な資格は日本体育協会や日本トレーニング指導者協会の資格です。指導者としての知識を役立てることができる資格で、スポーツ教室の開催や少年団の指導者などに役立ちます。

18歳以上の人が、学校法人日本放送協会学園(NHK学園)の公認指導員養成のための通信講座を35時間、都道府県の体育協会などが実施する講座を40時間以上受講し、それぞれの判定基準をクリアすればこの資格が与えられます。費用は共通科目が1万9800円、専門科目が1万5120円。日本体育協会の指定する大学や短大、専門学校で学ぶと講習や試験の一部が免除されます。

日本体育協会
http://www.japan-sports.or.jp/

比較「スポーツリーダー」資格

日本体育協会が認定する別の資格です。地域でのスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、基礎的なスポーツ指導や運営にあたります。スポーツを幅広く楽しんでもらうため、リーダーとしてサークルなどでスポーツを指導したい人に適した資格です。

NHK学園の通信講座を3ヶ月、35時間受講した人が認定されます。春夏秋冬の4回開講します。受講料は2万3100円。検定・審査を 3回に分けて課題を提出します。原則として満点の6割以上が合格ラインです。口座名はスポーツ指導基礎講座です。

日本体育協会
http://www.japan-sports.or.jp/
http://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid/205/Default.aspx

比較「アスレティックトレーナー」資格

日本体育協会が認定するもう1つの資格です。スポーツドクターやコーチと緊密に協力し合って、競技者の健康管理、傷害予防、スポーツ外傷・障害の救急処置、アスレティックリハビリテーションさらにはトレーニング、コンディショニングなどの知識と技量を持つ人認定します。

日体協加盟団体もしくは認定統轄競技団体が推薦し、協会が認めた人が受験資格を持ちます。カリキュラムの共通科目I+共通科目II+共通科目IIIを 152.5時間(集合講習40時間、自宅学習112.5時間)、専門科目カリキュラム600時間(集合講習190時間、自宅学習410時間)をそれぞれ履修します。定員は100人前後。

試験は日本体育協会が計画、実施します。検定試験は理論試験と実技試験。受講料は共通科目1万9440円(教材費を含む)、専門科目7万2360円(同)、実技試験検定料は3万2400円。

近年のスポーツは、コンディションづくりが最高のパフォーマンスを導く最善策です。指導する選手の健康管理、ケガを予防することは、競技をする人が長くその競技を楽しむことにつながります。この資格は、コーチやドクターと連携しコンディションの調整を行なうために役立ちます。

日本体育協会
ウォーキング資格講座ウォーキング資格講座

関連記事

資格ランキング

  1. フラワーアレンジメント

    フラワーアレンジメントの資格をとって花に囲まれた生活を手にしよう

    フラワーアレンジメントの資格をとって花に囲まれた生活を手にしよう 記念日や…
  2. shikaku

    人気資格口コミ比較

    さまざまな分野での専門知識やスキルの証明となる「資格」。自分のステータスとしても、何か1つくらいは持…
  3. キャンドル

    キャンドルの手作りを極めてキャンドルデザイナーという資格を取ろう

    キャンドルの手作りを極めてキャンドルデザイナー(キャンドルデザイナー)という資格を取ろう …
  4. 空間デザイン

    空間デザイン資格口コミ比較

    「空間デザイン」という言葉をご存じでしょうか?あまりなじみのない方が多いかもしれませんね。 空間デ…
  5. 空間デザイン

    空間をデザインする空間デザイナーとは

    空間をデザインする空間デザイナーとはどんな資格なのか 独自の世界観を持って…
ページ上部へ戻る