履歴書に是非、書きたいスポーツ歴。

shikaku

就職や転職につきものなのが、履歴書です。学歴、職歴、資格、特技、志望動機など自己PRしたい点を書きますが、是非、オススメしたい点がスポーツ歴です。

もちろん、普通の履歴書にはそんな項目はありませんが、自己PR欄か趣味の欄をうまく使って是非PRしたいポイントです。

1.仕事とスポーツの関係

仕事とスポーツの関係は、類似点がいくつかあり、スポーツに一生懸命取り組んできた人は、仕事の場でもよく力を発揮できると言われます。

理由はいくつかありますが、ひとつはチームワークです。仕事は組織を大事にし、上からのミッションに対してチームワークで共通の目標に向かって行きますが、これはチーム競技のスポーツ精神と一緒です。

お互いが、利点や長所で補完しあいながらチーム勝利を目指します。

また、個人スポーツであっても、日頃のトレーニングで得た不屈の粘り強さは、与えられた目標への執着心となって、必ず仕事の中でも生かしてくれるものと思われます。

2.具体的なスポーツ歴の書き方

学生時代を通じ頑張ったスポーツクラブとその実績は、必ず特筆すべき項目です。クラブ名、活動期間、活動実績などをできる限り具体的に書きます。クラブの中で、部長や副部長などの役割があれば、これも書き加えます。

また卒業後、社会人になっても続けていればなおいいのですが、やめていてもランニングなどの基礎トレーニングを欠かせずやっていたら、それも書いておきます。

社会人になると、どうしても生活が不規則になり、運動不足やスタミナ不足になりがちですが、仕事のバイタリティは基礎体力に支えられる部分が多く、スポーツ歴は好印象に繋がります。

3.書類選考を通過し面接でPR

履歴書の中で書く場所は、スポーツが趣味になっていれば「趣味・特技」、基礎体力の強さや、スポーツを通じて得た粘り強さとして強調する場合は、「自己PR・特徴欄」に書くといいでしょう。

大切なことは、書類選考を通過し、首尾よく面接までこぎつけられたことを想定し、面接質問のシミュレーションをしておきます。

「〇〇さんは、スポーツがお好きなんですね!具体的に教えてもらえますか?」

「自分のこれまでやってきたスポーツ歴としましては、学生時代の〇〇クラブが最も頑張りました。卒業後も、週3回はランニングを欠かしたことがありません。スポーツを通じて得た、体力の向上と精神力で、入社できました暁には、必ず御社で役立てることができると考えます。」

と言い切ることです。

<まとめ>

会社の中には特に、体育会系やスポーツ愛好家を好む会社がけっこうあり、ます。「今日も、朝、5キロ走ってきました!」と言えたりしたらイイですよね。

これまで何もしてこなかったとしても、「最近、ジム通いを始め、休日にはスイミングとランニングで約3時間、汗を流しています。」とか、「週3日の早朝5キロランニングを始めています!」でも、きっと耳を傾けてくれるはずです。

資格ランキング

  1. ハーブ講座

    ハーブの効能効果を勉強してメディカルハーブの資格を手に入れよう

    ハーブの効能効果を勉強してメディカルハーブの資格を手に入れよう ハーブティ…
  2. ビジネスマネジメント

    ストレスカウンセラー口コミ評判

    ストレスカウンセラー認定試験とは ストレスカウンセラー認定試験とは日本メディカル心理セラピー協会(…
  3. shikaku

    プチ稼ぎできる資格口コミ比較

    「主婦なので大きな収入は望まないけど、自由に使えるお小遣い程度を稼げる仕事ができたら……」そう思って…
  4. 音楽療法士

    音楽資格口コミ比較

    「趣味は音楽」という方は多いと思います。じっくり音楽鑑賞が好きだという方もあれば、自ら楽器を演奏する…
  5. スパイス

    スパイスにこだわっている方にお勧めのスパイス香辛料ソムリエの資格

    スパイスにこだわっている方にお勧めのスパイス香辛料ソムリエ(スパイスソムリエ)の資格 …
ページ上部へ戻る